Japanese only
T BIOS書き換え

最終更新日:1999年9月28日
e
A355のBIOSをこの機種のOEM元?であるTwinhead社の
Slimnote 8用BIOSに書き換える方法を説明しています。


!!!注意!!!
BIOSの書き換えは大変危険です。
自己責任で行ってください。

メリット/デメリット

書き換えると次のメリット/デメリットがあります。

メリット


デメリット


BIOS書き換える前に知っておくこと

失敗時の対処方法

失敗した場合、以下が対処例です。ROMの取り出し方法、ネット上の書き換えサービスのROMの送り先などを確認しておいてください。BIOSがイってしまってからではあなたのPCでは確認できなくなってしまうので…
  • 下記に示す所などで書き込んでもらう(有料)
    http://www.cmpk.or.jp/user/matumaru/の松丸さんのROM書き換えサービス。

  • ROMライタを持っている人に書き換えを頼む

  • ROMライタを自分で作成または購入し、書き換える。(私はこの対処で復旧)

  • SHARPでメインボードを交換してもらう。(有料)

失敗したように見える事例

SHARP BIOSが自動認識できない2GB以上のHDD使用し、SHARP BIOSに戻した場合に、SHARP BIOSが2GB以上のHDDが使用できないために、発生します。

私の事例ですが、起動するが、FDDからもHDDからもOSが起動しないという状況に陥ることがあります。
(私は失敗したと思い、こんなことをしてしまいました)

この場合は、元の800MBのHDDへ戻し、BIOS設定をデフォルトに設定して起動すれば直るはずです。
私の事例ではPC-9000/9030のBIOSを使用していますが、PC-A355のSHARP BIOSでも同様な状況になります。

SHARP BIOSのバックアップ

BIOSを書き換えてしまってからではSHARP BIOSへは戻せませんので、後で戻せるようにSHARP BIOSをバックアップしておきます。
  1. ダウンロードのページより、『BIOS ROM バックアップ』をダウンロードし、解凍する。


  2. Windows95の起動開始直後に[F8]キーを押し、「Safe mode command prompt only 」を選択する。


  3. 解凍したBIOSBKUP.COMを実行する


  4. 'Complete !! Check CRC!'の表示を確認後、CRCが'0066'となっていることを確認する。
    (ただし、'0066'となるのはSHARP BIOS AV-1-A9.1の場合です。)


  5. BIOSBKUP.COMと同じディレクトリにバックアップファイルBIOSBKUP.BIN(131,072バイト)が作成されていることを確認する。


書き換え用フロッピーディスクの作成

  1. 次のコマンドをMS−DOSまたはMS−DOSプロンプトより実行し、MS−DOS起動フロッピーディスクを作成する
    C:\>FORMAT /S A:
  2. ダウンロードのページより、『L2キャッシュON/OFF』をダウンロードし、作成したフロッピーディスク上に解凍する。


  3. BIOSファイルおよびBIOS書き換えプログラムをTwinhead社のサポートページよりダウンロードします。以下はr1.5のバージョンをダウンロードする手順です。

    1. Twinhead社(アメリカ)のホームページへ行く
    2. Softwareをクリック
    3. Slimnote8のP75をクリック
    4. BIOSをクリック
    5. FLASH8.EXE(書き換えプログラム)をダウンロード
    6. oldをクリック
    7. SL8_R15.BIN(BIOS)をダウンロード


  4. 作成したフロッピーディスクへダウンロードしたファイルを追加する。


BIOSをROMへ書き込む

  1. 書き換え用フロッピーディスクをAドライブに入れる


  2. 電源を投入直後、[F2]キーによりSetup画面を開く。


  3. MainメニューのHard Disk Typeを"none"にする。


  4. MainメニューのBoot Sequenceを"A to C:"にする


  5. Exitメニューまたは[ESC]キーでSave Changes Exit... を選択し、[Enter]キーを押す。

  6. (再起動がかかり、フロッピーディスクよりDOSが起動される)

  7. L2キャッシュをOFFにする (これを行わないと、失敗します。)

    1. A:\>プロンプトが出たら、
      SHARP BIOS上で書き換える場合、L2S
      Slimnote 8 BIOSで書き換える場合、L2T
      と入力し、[ENTER]キーを押す。

    2. [SPACE]キーでOFFにし、[ENTER]キーを押す。
    3. 再起動する
      L2Sの実行例

  8. DOS起動画面で下図のようにCache RAMNoneとなっていることを確認します。なっていない場合は、再度L2キャッシュをOFFにする手順を行って下さい。(この確認は必ず行って下さい)
    l2off.jpg

  9. BIOSをROMへ書き込む A:\>プロンプトが出たら、FLASH8 BIOSファイル名と入力し、[ENTER]キーを押す。
    BIOSファイル名はr1.5へ書き換える場合SL8_R15.BIN、SHARP BIOSへ戻す場合BIOSBKUP.BINとなります)

  10. 次の画面が出たら、[ESC]キー以外のキーを押します。
    BIOS書き換え画面
    書き換え状況表示後、自動的に再起動します。

    この作業では絶対に電源を落としたり、途中で止めたりしてはいけません。壊れます。
    また、ここでやめれば書き換えられません。本当に書き換えるなら実行してください。

  11. SHARP BIOSへ戻した場合は、BIOS SETUP画面で、デフォルト設定し、保存してください。


.
トップページへ戻る A355ユーザ交流の場 質問等なんでもどうぞ! A355のための自作ソフト A355関連のリンク集


更新履歴(細かい見栄えの変更等はのせていません)
1998年11月26日修正履歴追加
BIOSのダウンロードURLを更新
書き換え手順をFLASH8.exe使用からPHLASH.exe使用に修正
BIOS書き換え失敗したように見える事例追加
1999年9月23日全面改装
書き換え手順をFLASH8.exe使用に戻す
1999年9月24日台湾地震の影響?で台湾twinhead社へ接続できないため、米国twinhead社からのBIOSダウンロード手順に変更
1999年9月28日MS-DOS起動ディスク作成コマンドを明示