[戻る]


CMOS MEMORY MAP
(更新日:1997年11月20日 )

CMOSメモリについての情報です。CMOSメモリとは、BIOSのセットアップ情報等が保存されているメモリで、PC-A355では128バイトあります。


ここの情報により、障害等があっても私は責任を負いません。自己責任でお願いします。

CMOSメモリを参照するには

Windows95のMS-DOSプロンプトで次の様に参照します。
C:>DEBUG
-o 70 aa ← aaはCMOSのアドレスで16進数で00から7F
-i 71
xx ←これがアドレスのデータ

また、CMOSメモリの全内容を見たい場合は、ダウンロードのページより、crd010.lzhをダウンロード、解凍し、作成されたcrd.comをMS-DOS上で実行してください。(不具合がありましたら、メールをください。)

CMOSメモリを変更するには

Windows95のMS-DOSプロンプトで次の様に変更します。
C:>DEBUG
-o 70 aa ←aaはCMOSのアドレスで16進数の00から7F
-o 71 xx ←xxはアドレスaaに書き込む16進数00からFF

PC-A355(Twinhead BIOS r1.8)のCMOSメモリマップ

注意)SHARP BIOSのCMOSメモリマップではありません。
この中でステータスの意味は次の様になります。
'-'…機種、BIOSのバージョンにほとんど差がないもの
'*'…私が調べたPC-A355 BIOS v1.8のもの(誤りがあるかもしれません。)
'?'…不明なもの

アドレス / ステータス / 内容
00 - 秒
01 - 秒 (アラーム)
02 - 分
03 - 分 (アラーム)
04 - 時
05 - 時 (アラーム)
06 - 曜日
07 - 日
08 - 月
09 - 年下2桁
0A - ステータスレジスタA
    bit 7 : 時刻更新 0=有効 1=更新中	
    bit 6-4 :分周タイムベース
    bit 3-0 : 割り込み周期レートセレクション
0B - ステータスレジスタB
    bit 7 : クロック更新 0=Disable 1=Enable
    bit 6 : 周期割り込み 0=Disable 1=Enable
    bit 5 : アラーム割り込み 0=Disable 1=Enable
    bit 4 : 更新終了割り込み 0=Disable 1=Enable
    bit 3 : 周期割り込み 0=Disable 1=Enable
    bit 2 : 時刻形式 0=バイナリ 1=BCD
    bit 1 : 時刻モード 0=12時間 1=24時間
    bit 0 : サマータイム 0=Disable 1=Enable
0C - ステータスレジスタC
    bit 7 : IRQリクエスト 0=Disable 1=Enable
    bit 6 : 周期割り込み 0=Disable 1=Enable
    bit 5 : アラーム割り込み 0=Disable 1=Enable
    bit 4 : 更新終了割り込み 0=Disable 1=Enable
    bit 3-0 : (予約)
0D - ステータスレジスタD
    bit 7 : RTCパワー 0=なし 1=あり
    bit 6-0 : (予約)
0E - 診断ステータス
    bit 7 : RTCバッテリー 0=バッテリーあり 1=バッテリー切れ
    bit 6 : CMOS チェックサム 0=OK 1=エラー
    bit 5 : 構成情報 0=正しい 1=不正
    bit 4 : メモリサイズ 0=正しい 1=不正
    bit 3 : ハードディスク/アダプタの初期化 0=成功 1=失敗
    bit 2 :  CMOS RAM時刻 0=正しい 1=不正
    bit 1-0 : (予約) 
0F - シャットダウンステータス
10 - フロッピードライブタイプ
    bit 7-4 : ドライブ0のドライブタイプ
    bit 3-0 : ドライブ1のドライブタイプ
        0000 = ドライブ無し
        0001 = 360KB 5.25インチ
        0010 = 1.2MB 5.25インチ
        0011 = 720KB 3.5インチ
        0100 = 1.44MB 3.5インチ
        0101-1111 (予約)
11 ? (予約)
12 - ハードディスクドライブタイプ
    bit 7-4 : ドライブ0のドライブタイプ
        0000 = NONE
        0001-1110 = TYPE 1〜TYPE 14
        1111 = 拡張ドライブタイプ (アドレス'19'を参照) 
    bit 3-0 : ドライブ1のドライブタイプ
        0000 = NONE
        0001-1110 = TYPE 1〜TYPE 14
        1111 = 拡張ドライブタイプ (アドレス'1A''を参照) 
13 ? (予約)
14 - 装置
    bit 7-6 : フロッピードライブ台数
        00 = 1台
        01 = 2台
        10-11 = (予約)
    bit 5-4 : プライマリディスプレイ
        00 = オプションROMのアダプタカード
        01 = 40×25 カラー
        10 = 80×25 カラー
        11 = モノクロ
    bit 3-2 : (予約)
    bit 1 : コプロセッサ搭載
    bit 0 : フロッピードライブ搭載
15 - システムベースメモリサイズ(下位 KB単位)
16 - システムベースメモリサイズ(上位 KB単位)
17 - 拡張メモリサイズ(下位 KB単位)
18 - 拡張メモリサイズ(上位 KB単位)
19 - ハードディスクドライブ0のドライブタイプ
     00 - 0F = (予約)
     10 - 27 = TYPE 16 〜 TYPE 39
     28 = USER または AUTO
     29 - FF = (不明)
1A - ハードディスクドライブ1のドライブタイプ
     00 - 0F = (予約)
     10 - 27 = TYPE 16 〜 TYPE 39
     28 = USER または AUTO
     29 - FF = (不明)
1B * ドライブ0のシリンダ数(下位 KB単位)
1C * ドライブ0のシリンダ数(上位 KB単位)
1D * ドライブ1のシリンダ数(下位 KB単位)
1E * ドライブ1のシリンダ数(上位 KB単位)
1F ?
20 ?
21-22 * USER PASSWORD (0000 = Disable)
23-24 * SUPERVISOR PASSWORD (0000 = Disable)
25-29 ?
2A * 
    bit 7-4 : ドライブ0のトラック当たりのセクタ数(下位)
    bit 3-0 : ?
2B * 
    bit 1-0 : ドライブ0のトラック当たりのセクタ数(上位)
    bit 7-2 : ドライブ1のトラック当たりのセクタ数
2C ?
2D ?
2E - CMOS 10-2D チェックサム(下位)
2F - CMOS 10-2D チェックサム(上位)
30 - 1MB以上の拡張メモリサイズ(下位)
31 - 1MB以上の拡張メモリサイズ(上位)
32 - 年上2桁
    19 = 1980〜1999
    20 = 2000〜2099
    その他 = 再起動でエラー
33-40 ?
41 * ハードディスクドライブのヘッダ数
    bit 7-4 : ドライブ1のヘッダ数-1
    bit 3-0 : ドライブ0のヘッダ数-1
42 * COMポート
    bit 7-4 : COMポート2のアドレス
        0000 = Disabled
        0001 = 3F8,IRQ 4
        0010 = 2F8,IRQ 3
        0011 = 3E8,IRQ 4
        0100 = 2E8,IRQ 3
        1111 = Auto
    bit 3-0 : COMポート1のアドレス
        0000 = Disabled
        0001 = 3F8,IRQ 4
        0010 = 2F8,IRQ 3
        0011 = 3E8,IRQ 4
        0100 = 2E8,IRQ 3
        1111 = Auto
43 * 
    bit 7-4 : サスペンドRAM移行までの時間
        000 = Disabled
        001 = 1分
        010 = 2分
        011 = 5分
        100 = 10分
        101 = 15分
        110-111 = (不明)
    bit 3-0 : (不明)
44 * 
    bit 7-4 : サスペンドディスク移行までの時間
        000 = Disabled
        001 = 1分
        010 = 2分
        011 = 5分
        100 = 10分
        101 = 15分
        110-111 = (不明)
    bit 3-0 : ハードディスク電源供給停止までの時間
        000 = Disabled
        001-111 = 1〜15分
45 ?
46 * 
    bit 7-5 : (不明)
    bit 4-3 : ハードディスクドライブ0のTransfer Mode
        00 = Standard
        01 = Fast PIO 1
        10 = Fast PIO 2
        11 = Fast PIO 3
    bit 2-0 : (不明)
47 ?
48 * 
    bit 7-5 : (不明)
    bit 4-3 : Boot Sequence
        00 = A to C
        01 = C to A
        10 = C only
        11 = (不明) 
    bit 2-1 : プリンタポートタイプ
        00 = Standard
        01 = EPP Mode
        10 = ECP Mode
        11 = (不明)
    bit 0 : (不明)
49 ?
4A *
    bit 7-4 : (不明)
    bit 5 : ハードディスクドライブ1の32 Bit I/O 0=Disabled 1=Enabled
    bit 4 : ハードディスクドライブ0の32 Bit I/O 0=Disabled 1=Enabled
    bit 3-2 : (不明)
    bit 1 : Large Disk Access Mode 0=OTHER 1=DOS
    bit 0 : (不明)
4B * 
    bit 7-5 : (不明)
    bit 4 : BootSector Virus Protection 0=Disable 1=Enable
    bit 3 : Passwod on boot 0=Disable 1=Enable
    bit 2 : Diskette access 0=User 1=Supervisor
    bit 1 : (不明)
    bit 0 : ハードディスクドライブ0自動認識 0=User 1=Auto
4C-67 ?
68 * 
    bit 7 : (不明)
    bit 6 : 光通信ポートモード 0=IrDA 1=ASK
    bit 5-1 : (不明)
    bit 0 : グライドポイント 0=Disable 1=Enabled
69-72 ?
73 * 
    bit 7-4 : ディスプレイユニット電源供給停止までの時間
        0000 = Disabled
        0001 = 0.5分
        0010 = 1.5分
        0011 = 2.5分
        0100-1111 = 4分〜15分 
    bit 3-0 : (不明)
74 ?
75 *
    (76) bit 0,(75) bit 7 : TV出力方式 (76 bit 0 と合わせて)
        00 = Disable
        01 = NTSC
        10 = PAL
        11 = (不明)
    bit 6-0 : (不明)
76 *
    bit 7-4 : (不明)
    bit 3 : EPP Mode Type 0:EPP 1.9 1:EPP 1.7 
    bit 2-1 : (不明)
    bit 0 : TV出力方式 (75 bit 7を参照)
77 ?
78 * 
    bit 7 : Keyboad NumLock 0:Disabled 1:Enabled
    bit 6 : サウンド 0:Disabled  1:Enabled
    bit 5-0 : (不明)
79 *
    bit 7-6 : (不明)
    bit 5 : Hot-Key Suspend Data to 0:サスペンドディスク 1:サスペンドRAM
    bit 4-3 : (不明)
    bit 2 : 電源管理 0:Disabled 1:Enabled
    bit 1 : Battery Low Warning Beep 0:Disabled 1:Enabled
    bit 0 : (不明)
7A * 
    bit 7 : (不明)
    bit 6-1 : (不明、再起動すると 011111になる)
    bit 0 : L2キャッシュ
7B *
    (7D) bit 6-0,(7C) bit 7-0,(7B) bit 7 : 41-65 の CRC
    bit 6-0 :(不明)
7C * 7B参照
7D * 
    bit 7 : (不明)
    bit 6-0 : 7B参照
7E ?
7F ?

参考文献)ナツメ社 AT互換機アーキテクチャハンドブック



[戻る]






[ぐちぐちコーナ]
CMOS RAMの情報位公開してくれー!