Japanese only
T CPUの交換

最終更新日:1999年9月23日
e
標準CPU(Pentium 100MHz)をMMXのPentium等に交換する手順です

交換手順

CPUの交換手順です。MMXのCPUの場合、解体する前にL2キャッシュのOFFがありますので、注意してください。
  1. L2キャッシュをOFFにする。

  2. P54C(ノーマルPentium)に交換する場合はこの手順は必要ありません。P55C(MMXのPentium)に交換する場合のみ、交換する前に、下記手順によりL2キャッシュをOFFにしてください。
    SHARP BIOS、
    Slimnote8用BIOS r1.5以外
    Slimnote8用BIOS r1.5
    『ダウンロード』のページの『L2キャッシュON/OFF』を使用してOFFにしてください。 BIOS設定画面で、"Level 2 Cache:"を[Disabled]にしてください。
    ONのままで交換すると、起動時のL2キャッシュチェック(メモリチェック直後)で停止してしまいます。

  3. L2キャッシュがOFFになっていることをOS起動時の画面で確認する。


  4. P54C(ノーマルPentium)に交換する場合はこの手順は必要ありません。
    OS起動時の画面Cache RAM : Noneとなっていることを確認します。 L2OFF確認

  5. 本体の電源を切る
  6. 本体を裏にする
  7. CD-ROMドライブ(またはフロッピーディスクドライブ)およびバッテリーを抜く
  8. ハードディスクドライブをネジ(1本)を取り、抜く
  9. 抜いた後に見える裏のネジ(4本)を取る
  10. パームトップの両脇をこじ開け、外す
  11. こじ開ける

  12. キーボードを止めているネジ(4本)を取る
  13. キーボードの両脇をこじ開け、外す
  14. 電源モジュールのネジ(1本)を取る
  15. ネジを取る

  16. 電源モジュールの両脇の耳を持ち前後にゆらしながら上方向に抜く
  17. アルミ放熱板を止めているネジ(6本)を取り、手前に引きずり出すように外す
  18. ネジを取る

  19. マイナスドライバ等でCPUボードをアルミ板の角を支点に右側から外す。この時あまり力をいれないこと。右手前が浮いたら、右奥、左と手で浮かせ、全体が浮いたら、手前に引き出す。
  20. 浮かす

  21. CPUを基盤を傷つけないようにつまようじ等を支点にして、マイナスドライバ等で無理せず、少しずつ抜く
  22. CPUを交換する
  23. 抜く

  24. クロック変更を『クロック変更』のページを参考に設定し、動作が不安定な場合はさらに、動作電圧を『CPUの電圧変更』のページを参考に変更する

  25. MMXのPentium
    SY059(166MHz) SL27S(233MHz)
    BF0にVCC(3.3V),BF1にGND(0V)を接続することにより、200MHzに設定。
    このCPUは交換のみでも133MHzになります。
    SW3-1に22KΩ、BF0にVCC(3.3V),BF1にGND(0V)を接続することにより、2.72V,200MHzに設定。
    このCPUは電圧を変更しない場合、全く動作しませんでした。
    私が交換したCPUの設定

  26. 元通りに組み立てる




このCPU交換(というよりCPUボードの抜き差し)を繰り返していると、こんなことになるかもしれません。ご注意を。

CPU交換のために外すネジ

CPUを交換するために外す必要のあるネジは下図の16本です。
ネジ達

.
トップページへ戻る A355ユーザ交流の場 質問等なんでもどうぞ! A355のための自作ソフト A355関連のリンク集


更新履歴(細かい見栄えの変更等はのせていません)
1998年6月21日 CPUボード抜き差しによる接触不良追加
1999年9月23日 全面改装
L2キャッシュOFF手順追加
CPUクロック、電圧設定追加