Japanese only
T S端子出力を追加する

最終更新日:1999年10月15日
e
簡単な回路追加でS映像出力を行う方法を紹介します。

S映像出力について

まぁ、下の写真を見て下さい…このぐらい差があります。
標準の映像出力を使用 S映像出力を使用
にじみがあります。 にじみがなくシャープな映像となります。

回路図

A355には元々コンピュータ画像をTVへ出力する端子がありますが、これを実現しているのがAnalog Digital社(http://www.analog.com/)のAD722というチップです。このチップには実はS映像出力機能もあり、この機能を使用します。

S映像出力はこのチップの9番ピンと11番ピンから出ており、右図の回路でTVへ出力することが出来ます。

追加回路作成

準備するもの

作成手順

  1. ケースにS端子の穴とリード線の通る穴を空ける。


  2. S端子、抵抗、電解コンデンサを回路図通りハンダ付けし、ケースへ入れる。



  3. 本体最左奥(ビデオ出力端子近く)のAD722が見えるところまで分解する。

  4. (完全分解の一歩手前なので結構大変ですが…)

  5. 本体の以下の3個所へリード線をハンダ付けする。


    • AD722の上の右端(9番ピン)
    • AD722の上の右から3番目(11番ピン)
    • C63の手前側の端子(GND)


.
トップページへ戻る A355ユーザ交流の場 質問等なんでもどうぞ! A355のための自作ソフト A355関連のリンク集


更新履歴(細かい見栄えの変更等はのせていません)
1999年2月27日新規作成
1999年10月15日全面改装