Japanese only
T CPUの電圧変更

最終更新日:1999年9月23日
e
CPUを交換では、CPUへ供給される電圧を変更する必要がある場合があります。
ここではその変更方法を紹介しています。

電圧変更方法(その1)

SW3のON/OFFによって電圧を変更する方法です。
VCC2 SW3-2 SW3-1 備考
3.31 V OFF OFF
2.90 V ON OFF A355標準
2.49 V OFF ON
2.49 V ON ON
ON…ジャンパ線をハンダ付けすることです。
OFF…ジャンパ線を外すこと。

私はこの変更を簡単に行うため、スイッチを追加しましたここを参照してください。

電圧変更方法(その2)

SW3へ抵抗を追加することによって電圧を変更する方法です。 SW3-1に追加用意するもの 変更手順
  1. 設定したい電圧 V から抵抗値 R を次の式で計算し、用意する。
  2. R = 1 / {1 / (100 x (V / 2.49 - 1)) - 1 /16.2} … この式のグラフはここ

    例)2.80Vにするには 54KΩの抵抗。
  3. CPUボードを取り出す(CPUの交換参考)
  4. CPUボード表右側の電解コンデンサを持ち上げ、青いシートをはがす
  5. はがした後に見えるSW3のジャンパ線の無いほうに2本のリード線をハンダ付けする
  6. 青いシート、電解コンデンサを元に戻す。
  7. リード線に用意した抵抗をハンダ付けする
  8. ハンダ付けした抵抗が絶縁されるよう、ビニールテープ等で巻く
  9. 元どおりに組み直す

電圧変更方法(その3)

その1、その2以外に未確認ですが、 といった方法もあると思われます。この3つの方法では2.9V以上の電圧設定も可能なはずです。

解説

電圧VCC2がどのように決定されているか解説します。
まず、回路図は右図のようになっており、SW3-1がOFF、SW3-2がON、というA355標準設定では、電圧は下記式で計算されます。

VCC2 = 2.49 x (1 + R14 / R15)

ここで、SW3−1へ抵抗Rを追加すれば、

R14→R14×R/(R14+R)と置きかえられ、電圧が変更できることになります。

変更が必要であったCPU

電圧の変更が必要であったCPUはMMX233(SL27S)で、約2.72V(22KΩを追加)でやっと動作しました。

.
トップページへ戻る A355ユーザ交流の場 質問等なんでもどうぞ! A355のための自作ソフト A355関連のリンク集


更新履歴(細かい見栄えの変更等はのせていません)
1998年3月21日新規作成
1999年9月23日全面改装