-- WindowsXPのお引っ越し!? できるの?--

前 説

トップで難しいと言っていました。本当に難しいのですが.. マイクロソフトがお引っ越しのツール作るって言ってたので本当は作る予定ではなかったのです。
でも実際のツールは、パソコン間で設定データの引き継ぎ程度のものでした。

しかしWindowsXPから『 ボリューム・シャドウ・コピー』と言う機能を実装して全てのファイルを システム稼働中にバックアップする事ができます。

ただこの機能の詳細なAPI等の情報を入手ができません。 もしその情報を持っている方は教えてくださいませ。(対価は払えそうにありませんけど)

WindowsXPのお引越し テスト版 2002/12/30

WindowsXPを対象としています。
(Windows2000/NTは、ボリューム・シャドウ・コピーが使えないので対象外)
NTFS,FAT32/16どちらのフォーマットでも大丈夫です。
多少問題があります。
今回は早々に出すため文字のみの説明です。

忘れてました。必ず管理者権限の有るユーザでログインする必要があります。
理由は、セキュリティ情報を複写するため及びセキュリティの掛かったファイルの複写を 行うためです。

必要なソフトウェア/その他

  • 新しいHDD(ハードディスクドライブ)
  • Wincpy.exe (Ver5.x 以降)
  • マイクロソフト バックアップ(WindowsXPに付属)

あれはいいけど。(役立つ物)

  • FDISK.exe (Windows98/Meに付属)
  • 起動ディスク(DOS用)[FDISK.EXEを入れる]

1. 新しいHDDを増設ドライブとしてつなぐ。

・パーティションの設定
[スタート]-[コントロールパネル]-[パフォーマンスとメンテナンス]-[管理ツール]から 『コンピュータの管理』を起動して[ディスクの管理]にてパーティションを設定します。
古いHDDのパーティション数と新しいHDDのパーティション数は、同じにしてください。
各パーティション容量は、自由に設定します。
ドライブレター(D:とかF:)も指定します。

・フォーマット
WindowsXPなら当然 NTFS フォーマットでしょう。 これで閉じます。

2. Wincpyを使う。

何時もの如くコピー元とコピー先を決めて開始ボタンを押してください。

数十分から数時間で複写されると思います。

3. バックアップを使う。

Wincpyのログファイルを見てください。Wincpyと同じ場所に作られます。 20〜30個ほ使用中でコピーできていないと思います。

c:\Documents and Settings\ --
UsrClass.dat
NTUESR.DAT

c:\WINDOWS\system32\config\ --
SAM
SECURTY
SOFTWEAR
SYSTEM

これらをパックアップで複写します。

[スタート]-[コントロールパネル]-[パフォーマンスとメンテナンス] から『データのバックアップを作成する。』にてバックアップを起動し [バックアック]のタブをクリックします。
フォルダ/ファイルのツリーから上記のファイルを探しチェックを付けて行きます。

全てチェックしたらコピー先のドライブをバックアップ先に指定してバックアップを開始します。

バックアップが終わったら[リストア]のタブをクリックします。
復元先を『元の場所』から『指定の場所』に変更しバックアップ先のドライブに指定します。

復元するファイルにチェックを入れたら復元を開始します。
終了すれは、OKです。

一寸休憩でもしてください。

ここまでは、通常の増設+バックアップです。
これからがお引っ越しの本番です。

4. ドライブレターの抹消

WindowsNT系のドライブレター(C:やD:)は、レジストリに登録されるためWindowsXPが 起動してもログオンできないと言う現象が出ます。
この問題の回避する為現在のドライブレターを削除します。

[スタート]-[コントロールパネル]-[パフォーマンスとメンテナンス]-[管理ツール]から 『コンピュータの管理』を起動して[ディスクの管理]う開きコピー先のパーティション上で 右クリックします。

『ドライブ文字とパスの変更』を選択します。
[削除]を押しますと、削除の確認のダイアログがでます。削除する様にしてください。 閉じます。

5. 再起動

4項の状態で電源の切断(シャットダウン)を行います。 電源が切れたら古いHDDを外して、安全な場所に保管します。
新しいHDDを古いHDDと同じ設定(プライマリ/マスタ等)にして接続します。 電源を投入して起動してログインできれば、OKです。 起動してログインできない場合は、起動ディスクからFDISKで
A:\>fdisk /MBR
を実行してください。
起動すらしなかったら何か手順を間違っています。

6. 動作確認

現状では、下記の問題があるようです。
(1) ごみ箱が壊れる。(自動復旧する。)
(2) Disktop.iniファイルが、色々なフォルダにできる。(2回削除すると良い。)
これ以外は、問題無い様です。

今後の予定

『ボリューム・シャドウ・コピー』に対応して「バックアップ」ソフトに頼らなくて良い様にしたいです。
現在『ボリューム・シャドウ・コピー』の仕様/APIをネット上で探していますが、ほとんど見つかりません。 市販のバックアップツールで対応している物もありますが、フリー/シェアウェアのそれらは、まだまだ見たいですし。

Wincpy.exe ダウンロード

Version 5.0.1
「バックアップ」で[ c:\WINDOWS\system32\config\ ]のシステムファイルがバックアップされない現象が出る事が有るみたいです。 原因は不明ですが..
そこで Wincpy.exe の小細工できるのでちと加えています。
簡単に言えば、WindowsXPのインストール時に上記のディレクトリをバックアップしているフォルダが有るのでそこから再構成します。 ただ全てのWindowsXPにそれが有るかは疑問ですが..(そのためにエラーになったりして)

Version 5.0.0
まだテスト版ですので自己責任の上で慎重に扱ってください。
上を読んで手順が判らないなら市販のツールを使うのが良いと思います。
ダウンロード[wcp501.lzh]
ダウンロード[wcp500.lzh]