Team Japan HAM Radio Stations

〜〜〜Do you know HAM Radio stations POWER?〜〜〜

since 2001.Jul.21

Codinated By JJ1LGO

d.net WebRing d.net公式サイトへ このリングについて リスト表示 加入方法 前へ戻る ランダムで移動 次へ

掲示板はこちら

このチームのモットーは

「パソコンヲタクに負けるな!ラジヲ少年」

です。インターネットの普及ですっかり影の薄くなったアマチュア無線家のパワーを集結して見たいと思っています。参加資格は特に規定しませんが、アマチュア無線局を開局している人、アマチュア無線従事者免許を持っている人等が多いと思われます。なんか面白そう!って人は是非一緒に楽しみましょう。

1997/01/28に開始された分散コンピューティングのコンテストですが、1999/9/15にRC5/DES Cracking Contestに[Team Japan HAM Radio Stations]で参加開始しました。 このDistributed.netがまとめているコンテストは最近、あちらこちらで見かけるインターネットを利用した「分散コンピューティング」のプロジェクトの一つであると言えます。

有名な分散コンピューティングプロジェクト一覧

  1. Distributed.net
    • 分散コンピューティングの元祖。64Bit暗号化の危険性を証明する為のRC5-64等のプロジェクトを実施。現在(2003/1)はRC5-72、OGR-25を実施中。
  2. United Device
    • 遺伝子治療の為パターンチェックのようです。ここのスタッフはDistributed.netの元スタッフが多いようです。
  3. SETI@home http://www.planetary.or.jp/setiathome/home_japanese.html
    • 宇宙から届く電波を解析して宇宙人を探しのプロジェクト。
  4. Cell Conputing
    • 日本の企業が商売にしようとUnited Deviceと組んで実施しています。日本発のプロジェクトでは最初だと思います。現在(2003/2)はテスト運用しています。

分散コンピューティングの基本的な考え方

例えば、目の前に計算の問題が100問あったとします。これを一人で解くのは実に時間と労力が必要です。仮に10人仲間が集まったとして、手分けすれば一人10問ですので、かかる時間は1/10になります。100人集まれば一人あたり一問で済んでしまいます。これをインターネットを利用して「人=各人が持つパソコン」に置き換えているのです。

何故暗号解析なのか

クラッキングというと、どこかアンダーグラウンドなイメージがありますが、Distributed.netのクラッキングとは決して怪しいものでも非合法のものでもありませんのでご安心ください。

ことの発端は、アメリカの暗号化技術の輸出規制にありました。アメリカ政府が技術の輸出に対して制限を加えていました。コンテスト開始当時はアメリカの国外へは64Bitの暗号化しか許可されていなかったのです。暗号化技術の会社であるRSAはこの規制に猛反対して64Bitの危険性をアピールする為にコンテストを開始したのです。

このコンテストに色々な参加者が出ましたが、ボランティア団体であるDistributed.netがクライアントを配布して統計情報を取ったりして世界中の誰もがコンテストに参加が可能となったのです。

現在はアメリカの輸出規制は緩和されて、日本でこのページを読んでいる貴方が使っているインターネットエクスポーラは128Bitの暗号化技術になっているはずです。Distributed.netの功績なのかも知れません。暗号化技術輸出が緩和されて、クラッキングコンテストの本来の意味は少し薄められてしまったかも知れませんが、なかなか根強い人気を持っています。

どのくらい大変?

RC5-64という64Bitの暗号化解析プロジェクトは世界中から延べ33万人の参加者があり、2002年9月に実に4年の歳月をかけてコンテストは終了しました。どれだけのコンピュータの資源が使われたかは想像を絶するものがあります。さらに、驚くことに2002年12月に256倍大変なRC5-72コンテストが始まりました。

RC5−64コンテストとほぼ同等な参加者が見込めたとしても、単純計算で4年×256=1024年掛かる計算となります。コンピュータの性能が2倍になれば500年、さらに参加人数が2倍になれば250年といったところでしょうか。

楽しみ方それぞれ

Distributed.netに参加する方法は簡単です。クライアントをインストールすれば誰でも参加できます。24時間パソコンの電源を入れておく必要はありませんし、入れたことにより操作が遅くなったりすることは有りません。普段パソコンを使っていてもインストールされていることに気が付かないように出来ています。

楽しむ方法は、色々ありますがstatsサーバと呼ばれている世界の順位が分かるサーバがあります。この順位は個人の順位やチームの順位、プロジェクトの進捗状況が分かります。Team Japan HAM Radio Stationsは一丸となってチーム順位を楽しみにしています。

チームの成績を見てみる

チームのRC5−72世界順位はここ
チームのRC5−72参加者順位(昨日)はここ
日本の順位はここ
日本のご近所との比較グラフはここ

チームのOGR−25世界順位はここ
チームのOGR−25参加者順位(昨日)はここ
チームのOGR−25参加者順位(トータル)はここ
日本の順位はここ

過去のプロジェクトの成績はこちら

チームのRC5−64世界順位はここ
チームのRC5−64参加者順位(昨日)はここ
チームのRC5−64参加者順位(トータル)はここ
日本の順位はここ
日本のご近所との比較グラフはここ

チームに参加する方法

Step0.準備するものはインターネットに接続可能なパソコンです。OSはWindowsでもMacでもUnixでも大丈夫です。
Step1.まず解析用ソフトのインストールをする必要があります。インストールって面倒?いや、そんなことはありません。Distrebuted.netというところからダウンロードしてください。普通のWindowsを使っている人はhttp://www.distributed.net/download/clients.html#win32ここの、[x86/Zipped] をダウンロードしてください。
Step2.次にこのソフトのセットアップです。ダウンロードしたファイルを好きなディレクトリ(私は"C\:re5des"にしています)に解凍します。解凍すると出てくる"dnetc.exe"という実行ファイルを実行させると色々設定を聞いてきます。設定方法の詳細はRC5-64/DES Challengeが詳しくてお勧めです。最初は自分のIDとして自分のメールアドレスを設定してください。設定の後はこのソフトを起動させたままにしておけば大丈夫です。その暗号解読ソフトはCPUの空いている時間にだけ動くソフトで常駐させておいても気になりませんし、また動かしている時間(パソコンの電源が入っている時間)が長いほど沢山解読してッくれます。
【補足】Distrebuted.netではRC5以外にも色々なプロジェクトが同時開催されている場合があります。現在(2000/10/21)はRC5以外にOGRというプロジェクトも平行して開催されています。通常のクライアントをセットアップするとOGRを優先して解析します。チームとしてはRC5/OGRどちらに参加しても個人の自由ですが殆どの人はRC5専門に実施しています。この場合、クライアントの設定を変更する必要があります。変更方法はdnetc.iniという設定ファイルを開いて[misc]という部分を下記のように修正してください。
[misc]
project-priority=RC5,CSC=0,DES=0,OGR=0

これでクライアントはRC5を専門に解読するようになります。
Step3.このパソコンでインターネットに接続すると、解析結果をインターネットを経由して自動的に送信します。また、解析する対象を受信します。送信した結果が次の日の日本時間朝09;00以降に集計されて15:00過ぎに発表になります。
Step4.自分の登録したメールアドレスが結果に反映されたかどうかをチェックしてみたください。下のフォームにメールアドレスを入力して[Search]を押してあなたの成績が見えれば成功です。

もし見えない場合は、一日様子を見てください。それでも駄目ならば設定を誤っている可能性があります。
Step5.ここまでくれば、後はチームに合流するだけです。自分の成績の一番下にある[I cannot remember my password. Please email your email-adress's password. ]というところをクリックしてください。待つこと10分。あなたに登録したメールアドレスに下のようなメールが届くはずですメールの中の赤字の部分があなたのパスワードです。
Greetings, あなたのメールアドレス

You (or "hoge.hoge.or.jp" [***.***.***.***]) recently
requested the password for your distributed.net stats account.  You
should keep this information confidential.  If you did not just request
your password, it just means that some confused person has clicked on
the "mail me my password" link on your personal stats page.  This is
no reason to be alarmed, they cannot get to your password this way.

 Your password: hogehoge

You may edit your personal information by visiting:

 http://stats.distributed.net/pedit.php3?id=個人IDNo&pass=hogehoge

If you'd prefer to not have your id/password revealed in the http logs
(this is a concern if you use a proxy), you can simply use the
url:

 http://stats.distributed.net/pedit.php3

You will be prompted for your email address and password.  Note, you
should not use your ID # but your email address when using this
method of authentication.

To see your RC5-64 stats, visit:

 http://stats.distributed.net/rc5-64/psummary.php3?id=個人IDNo

Do not reply to this email.  Replies to this email will never be seen
by a real, live person.  If you need further assistance, please mail
help@distributed.net.

Thanks.
準備はいいですか?準備が出来たら
↓ここの部分でアクセスしてください。
チームに入ります!!

ここで聞かれるユーザ名称は登録したメールアドレスを入力してください。ここへは一度だけのアクセスにしてください、もう一回アクセスするとチームから外れてしまうといいう話を聞いたことがあるので注意してください。

結果表示をコールサインにする方

自分の結果表示はディフォルトでは登録したメールアドレスですので、コールサインを持っているならコールサインで表示させましょう。表示を変える方法は上記メールの[http://stats.distributed.net/pedit.php3?id=個人IDNo&pass=hogehoge]へアクセスすると個人情報の編集が行えます。ここで[List Mode]を[List me using my real name]として[Real Name]に自分のコールサインを入力すれば完成です。

メーリングリストのお知らせ

Team Japan HAM Radio Stationsの連絡用(作戦会議用?)MLです。分からないことの質問等もここなら一発即答があると思います。興味のある方はどうぞ! コマンド送付先:ham-rc5-ml-request@ml-a9.infoseek.co.jp
メール投稿先:ham-rc5-ml@ml-a9.infoseek.co.jp

参加方法は、上記コマンド送付先アドレスのメールの本文に
join ham-rc5-ml <追加したいメールアドレス>
stop

と本文に書いて送ってください。
ポイントは<追加したいメールアドレス><>を忘れないでください。

脱会する方法は、上記コマンド送付先アドレスのメールの本文に
leave ham-rc5-ml <削除したいメールアドレス>
stop


と書いて送ってください。
また、分かりやすいフォーム入力による登録方法もありますのでどうぞ
フォームはこちら

チームのバナー

その1
その2
その3(TNX JF1ODO)
その4(OLD)(TNX JH0MHE)
その5(NEW!)(TNX JH0MHE)
ちょっと大きいかも知れませんがチーム参加者はご自由にお使いください。個人的にセンスが無いものでかっこいいバナーのデザインも募集しています。リンクは自由です。


過去の栄光の記録

一斉Flushの記録(JF1ODO's Web)

★★★チームメンバーへのリンク★★★

JI4RDO JH4PHW JF1ODO JF3WNO JA1LLX JJ1LGO