[ TOP PAGE | 愛機のご紹介 | 週刊 秋葉ニュース | LINKu-TOWN | 伝言板 ]

明日の価値を、今日も使う!新98環境を先取りしていた、 これからも98PROGRESS EPSON PC
MS asccess Logo
LAST UPDATE 1998-11-06 EPSON PCシリーズのデスクトップ全機種のデータを網羅しました。

EPSON PC`s データベース

もくじ みたい項目を選んでクリックして下さい。
目 的
DATAの見方
お 願 い
情 報 源
終わりに
PC-586Sries
PC-486後期
PC-486前期
PC-386Sries
PC-286Sries

画像付きデーターベースも開始 / Excel95版のデータ一覧(圧縮済み)もご用意しました。

  1. 目 的

    このデータベースは、1987年4月にセイコーエプソン株式会社が発売したPC-286STDに始まる、 NEC PC-9800シリーズの互換機(EPSON PCシリーズ)のすべてのスペック データを網羅するために作られています。ただし、作者がデスクトップのみを使用しているためラップト ップ、ノート、PC-486PORTABLなどが現在のところ一切はいっていません。 ご要望があれば対応します。
    NEC PC-9800シリーズには、ホームページ内に全機種が完全に載っているデータベースが公開されていま す(98Infomation)。しかし対するセイコーエプソン株式会社では、そういった過去の製品のデ ータはまったく公開されていません。EPSON PCを中古などでそろえるにも、スペックがわからない ようでは困りものです。そこで、カタログをかき集めてMS Accessでこのデータベースを完成させまし た。

  2. データの見方

    現在のところは、検索機能はありませんのでシリーズごとに分かれているページにジャンプして下さい。
    各ボタンを押すと、カタログ掲載のスペックデータが表示されます。ただいま全機種を目標に作成中です。
    以上のシリーズごとのページで、発売順にマシンが並んでいます。

    系列
    :各モデルの愛称・系列です。系列はメーカー発表のもので、愛称はカタログにのっているものを採用しています。ただし、スペースの関係で削除したページがあります。
    型番
    :各モデルの正式名称です。「PC-」に関してはすべてが共通であるため省略しています。
    CPU
    :搭載しているCPUの名称およびクロック数です。カタログどおりの表記をしております。PC-486MEには、サイリックスの互換CPUが搭載されていますが、カタログどおりの相当品表記になっています。
    RAM
    :標準搭載のメモリー容量。ただし、640KB機の場合はシステム空間も含めて1MBとしています。この場合プロテクトメモリが使用できないV30のPC-286Uで矛盾しますが、現在のメモリー表記がMB単位であることにあわせました。
    RAMMAX本体に内蔵可能な最大メモリー容量。
    Board
    :メモリーボートを増設するソケットの数。このソケットにはメモリーボードだけでなく、スケールフォントROMボート増設もできる機種がある(つまりすべてにメモリーが入るわけではない)。
    RAM Board
    :セイコーエプソンから発売された純正メモリボードの型番。PC-286Cには、汎用スロットによってのみ増設可能です。
    SIMM
    :本体基盤上にあるSIMMソケットのうち空きの数(RAMボード上にささるSIMMは含まれていません)。
    SIMM形式:本体基盤上のSIMMソケットに増設できるSIMMの形式・1枚あたりの最大容量。
    FDD
    :フロッピーディスクドライブのサイズ(5インチ・3.5インチ)・台数。PC-486Hシリーズ以降はすべて1.44MBも読める3モード対応です(5インチを除く)。
    HDD
    :内蔵ハードディスクドライブのサイズ、インターフェース。オプションの場合は、その内蔵方法も記載。
    CD-ROM
    :本体内蔵のCD-ROMドライブの読み込み速度。「対応」はオプションでCD-ROMが搭載できます。
    Cバス
    :98汎用バススロットの空き数。EPSONローカルPCIバスが搭載されている機種は、併せて表記しています。「HR1」ハイレゾボードで、「MPEG/TV」MPEGとTVチューナーでスロットを占有していることを示しています。
    音源
    :内蔵されている音源の種類。FMはPC-9801-26相当。PCMはサウンドプラスターPro互換のものです。
    CRT
    :ディスプレイがセット(本体内蔵)されているモデルの場合、そのサイズをインチ単位で表記しています。
    発売
    :正式に発売された年月です。
    OS
    :ディスクとして添付、またはハードディスクにインストールされているOSやアプリケーション。SQは「せっとあっぷきゅうぴっと」、OQは「おしゃべりきゅうぴっと」の略です。
    標準価格:税別の標準価格です。
    備考
    :その他の備考について

  3. お 願 い

    このデータベースを利用するにあたって、以下のご利用上の注意を正しく守ってお使い下さい。

  4. 情報源のご紹介

       今回の表作成において以下の資料を参照しました。


    (敬称略・順不同)関係各位ありがとうございました。

  5. 終わりに

    今回のデータベースは、パソコン本体ではまったく無名であったセイコーエプソンが、 98天下のNECをいかに先進技術とアイデアで切り崩していったのか。この歴史の一部で もおわかりいただければ幸いです。しかし、PC-486SE,SR以降シェアが急激に落ち始め、 1995年には10万円台のビビデイ(PC/AT機)も社長自ら陣頭指揮をとったものの失敗して しまい、現在のEPSONのパソコン本体はオフィスをターゲットとしたハイエンドマシン のみを細々と続けているにすぎないのが、非常に残念です。プリンターで他を寄せ付け ない技術とアイデアを、混沌とした現在のパソコン本体の市場で、EPSON PCのように光 る他と大きく異なったマシンに活用させてほしいと願います。
    また、一部の情報によるとEPSONが来年の新OSのサポートを状況によっては取りやめる ようです。このようなことは、ユーザーの切り捨てるようなもので、是非ともサポート していただきたいと思います。是非ともユーザーのみなさんがメーカーを動かしましょう。
[BACK TO THE TOP]