HOME尻侍ガイドスクリプトの使いかた集 → MousePad.dllの使いかた

▲MousePad.dllの使いかた

概 要:文字情報をツールチップに表示する
難易度:低い
CPU負荷:ふつう

注意点
    ◆このプラグインは視覚プラグインとよばれ、通常のプラグインと若干、扱い方が違いま す。
用意するもの
    ◆MousePad.dll

1.MousePad.dllpulgins フォルダに入れる
 

2.ツールチップに表示させたい文字情報を選択
        Config.exeを起動して、すでに表示しているテキストファイルや、スクリプト実行によりでき た文字列、
        その他の数値などから、どれかひとつを選んでください。


3.上 記で選択した文字列を視覚プラグインとして表示
        一般タブの表示タイプ欄をいじって、テキストから視覚プラグインに変更する


4.視 覚プラグインを選択
        表示タブの視覚プラグインの選択欄をいじって、
MousePad.dllを選択す る


5.視覚プラグインの設定
        設定ボタンをクリックして、
    ・下部にあるTooltipのチェックボタンをONにして、下の欄内に %v と記述する。
    ・ほかはお好みで。上側のMouseClicksはツールチップ表示に一切関係なし。


あとは、iniを保存して、再読込みすれば当該文字列情報がツールチップ に表示されます。