ブローカレスモデル


 “見、グルーピング、共有、連携の自律分散協調
 緩やかさと局所性の追求
 ブローカレス、自己組織化、個の尊重(自律性)
 ぅぅ鵐札鵐謄ブ、トラスト、コネクタ「イトコ」
 セ臆叩醸成型コミュニティ、プライバシー保護、実世界の活性化、ボトムアップ
 星合隆成編著:ブローカレスモデルとSIONet , オーム社 (2003-07-10出版)
 


「ブローカレス理論に基づいた地域コミュニティブランドを提唱」
 地域コミュニティブランドは単なるモノづくりを目的とするものではなく、モノづくりを通じて地域コミュニティ
を構築することを狙いとしています。この地域コミュニティの中でさまざまな物語を生み育てることにより、
共感や人とのつながりを醸成することを目指しています。
 このコミュニティでは誰もがモノづくりのプロセスにふれることができたり、参加者のアイディアとメーカーの
技術・やる気が結びつくことで新たなプロジェクトが生み出されたり、誰もがモノ作りのプロジェクトにたずさわる
ことができるなどのさまざまな物語を作り出すことが可能になります
【地域コミュニティブランドのキーコンセプト】
 .皀里鼎りを通じた地域コミュニティの構築
  技術・人・モノ・情熱・興味・やる気・共感などの自律的な繋がり
  ボトムアップ型のモノづくりを通じた活動・取組みをブランド化したもの(活動それ自身がブランド)
 ∧語りのあるモノをプロデュース(モノ+物語り)
 Cもがモノづくりに関わることができる草の根の活動
  コミュニティプロジェクトや学生プロジェクトを支えるティーチングアシスタント(TA)や学生アシスタント(SA)制度の導入
 っ楼茱灰潺絅縫謄を支えるコミュニティシステムの開発・運営
 ッ楼茱灰潺絅縫謄の学術的評価

 モノの開発から流通までの一貫的な支援システムとTA・SAによる支援体制の確立により自律したコミュニティと
コミュニティビジネスの構築を目指します。また,これらによる地域情報化・地域活性化・地域再生・町おこしなどに貢献します.
 地域コミュニティブランドは、地域活性化、コミュニティビジネス・ソーシャルビジネス創発のための新理論ですが、
最近では、アクティブラーニングの新メソッドとしても注目されています。
【講演資料.pdf】 【講演資料.ppt】


 .廛譽璽鵐控々
  「顔」が見える、Webサイト閲覧者同士の横の繋がりがあるWebサイトの構築
 ▲螢▲襯織ぅ爛灰潺絅縫院璽轡腑鶺々
  閲覧者間でのリアルタイムなコミュニケーション
 6疔気Webサイトを提案
  物理的な距離、意味的な距離に基づいて近傍のサイトを検索
 ぢ膩臆修砲茲襯檗璽織襯汽ぅ箸旅獣
  連携による大群化効果・シナジー効果。ロングテール広告の配信
 ゴ堽型コミュニケーション機構
  放流、口コミ、評判、トラスト、合言葉で繋がるコミュニケーション
 Ε┘灰灰鵐團紂璽謄ング機構
  遊休のコンピューティング資源を活用して、連携システムを構築


 世界初のP2PネットワークであるSIONetを考案,報道発表
 ^嫐情報(メタデータ)によるアドレス体系(固定的な識別子レス)
 ∀∈身娠機構
 自己組織化機構
 ぅ廛薀哀ぅ鵑閥ν機構
 ゥ札潺團絅機構、フェデレーション機構
 などの特徴的な機構を有するユビキタスプラットフォーム



【著書】
●編著:星合隆成 ブローカレスモデルとSIONet, 電気通信協会/オーム社【資料】

【経産省・総務省関係】
●ハイエンドコンピューティング技術に関する調査研究報告書、(財)日本情報処理開発協会【資料】
●ブローカレスモデル:理念とその効用, 群馬県若者就職支援センター主催記念講演, 2004.6.26【資料】
●情報家電の将来とP2P技術を照らし合わせたネットワークサービスの実現性,(社)電子情報技術産業協会主催招待講演, 2005.1.28【資料】
●P2Pの理念とその活用, P2Pコミュニケーションの可能性と法的課題シンポジウム, (財)デジタルコンテンツ協会主催シンポジウム, 2005.3.7【資料】
●P2Pの理念とその活用−P2Pコミュニケーションの可能性と法的課題に関する調査研究報告書,(財)デジタルコンテンツ協会【資料】
●意味情報ネットワークアーキテクチャ,自律分散協調型ネットワーク構築に関する調査検討会,総務省【資料】
●電気通信事業分野におけるブロードバンド競争政策の在り方,平成14年4月情報通信新時代のビジネスモデルと競争環境整備の在り方に関する研究会,総務省【資料】 【資料】 【資料】

【学会関係】
●ブローカレスモデルの挑戦, 電子情報通信学会誌, Vol.87, No.9, pp.804-pp.811, 2004.9【資料】
●P2Pテクノロジー, 電子情報通信学会誌, Vol.87, No.10, pp.887-pp.896, 2004.10【資料】
●P2Pサービスとビジネス, 電子情報通信学会誌, Vol.87, No.12, pp.1049-pp.1056, 2004.12【資料】
●最新動向と将来展望, 電子情報通信学会誌, Vol.88, No.1, pp.46-pp.53, 2005.1【資料】
●招待論文:ブローカレス型ネットワーク構成技術の性能評価, 電子情報通信学会論文誌(D-I), Vol.J88-D-I, No.11, pp.1608-1621, (2005-11)【資料】
●意味情報ネットワークSIONetの全貌, 「P2P技術の事例と今後の展開」,情報処理学会関西支部主催招待講演(2001-10)【資料】 【資料】
●ブローカレスモデルと意味情報ネットワークSIONet, 情報処理学会北海道支部主催招待講演(2002-7)【資料】
●P2Pの理念、SIONetの全貌およびデモンストレーション, P2P Conference in Japan 2002 Spring(2002-4)【資料】

【英語版】
●HPSR講演資料【プログラム】 【資料】
●P2P: The Concept and Its Future Potential", Vol.2, No.5, pp.12-pp.17, NTT Technical Review, 2004.5 【資料】

【NTT関係・その他】
●NTT R&Dフォーラム2001 in 厚木レポート,IMPRESS, 2001.10【資料】
●主役登場:P2Pコミュニティ開花, NTT技術ジャーナル, pp.22, 2004.3【資料】
●特別寄稿:P2Pの理念と最新動向, pp.4-pp.7, 季刊誌MPP, 2003.9.1【資料】


Welcome to SIONet World !!: ユビキタスP2P


Counter