SUBST


機能 仮想ドライブの設定・解除
書式 SUBST [/D|/L][(d1:)(パス名1)][(d2:)(パス名2)]
関連 COPY,DEL,DIR,REN,RMDIR,VOL,FORMAT,DISKCOPY,LASTDRIVE
備考 外部コマンド
解説  任意のドライブを仮想的に別のドライブ名にしたり、パス名にしたりします。又はその逆。UNIXで言えばリンク、Windowsで言えばショートカットと言った言葉が相当します。

コマンド実行例

  • AドライブのTEMPディレクトリをPドライブに仮想的に割り当てる。

    SUBST P: A:\TEMP

    これにより、PドライブをアクセスするとAドライブのTEMPがアクセスされます。

  • CドライブをAドライブののTESTディレクトリに割り当てる。
    SUBST A:\TEST C:
    これにより、AドライブのTESTをアクセスするとCドライブがアクセスされます。

  • 割り当てを解除する。
    全ての割り当てを解除。スイッチの"/D"を使用します。
    SUBST /D
    個別に割り当てを解除。ドライブ名を指定します。例えばPドライブだと、
    SUBST /D P:

  • 割り当て状況の表示
    全ての割り当て状況を表示。スイッチの"/L"を使用します。
    SUBST /L
    個別に割り当てを状況を表示。ドライブ名を指定します。例えばPドライブだと、
    SUBST /L P:

    割り当て状況の表示例を以下に示します。
    A: = A:\
    B: = B:\
    C: > A:\TEST
    P: < A:\TEMP
    ドライブ名とパス名の間にある"="は割り当ての変更がない事を示します。"<"は右側のパスをアクセスしたときに左側のドライブを">"は左側のドライブをアクセスしたときに右側のパスをアクセスするという意味です。
注意)
(1)仮想ドライブ及びディレクトリを設定する際は、既に存在するドライブを仮想として扱う場合SUBSTコマンドが優先され、既設ドライブは仮想設定を解除するまで参照できません。
(2)仮想設定されたドライブに対して、"FORMAT"コマンドや"DISKCOPY"などのコマンドは使用できません。
(3)仮想ドライブを使用する場合、環境設定ファイルである"CONFIG.SYS"内で通常指定されている、ドライブの最大接続数の設定を確認した方が良いです。詳しくは"LASTDRIVE"を参照して下さい。 (4)その他ファイル操作をする場合は注意が必要なので関連コマンドを確認して下さい。

戻る