掃除機のコーナー

ここでは、あまやんが2000年9月に購入した全世界で話題の革命的掃除機、ダイソン(Dyson)にまつわる情報と長期使用レポートをお届けいたします。


ダイソン(Dyson) DC-05  (2000.9.14)

購入の経緯

あまやん家ではこれまで掃除機はナショナル製のを7年間使用していた。吸い込み力は非常に満足していたのだが、排気の悪臭が非常に臭いのにはずっと悩まされていた。また、最近、あまやん宅のじゅうたんには、ダニか虫のようなものも発生しているようで、あまやんは朝起きたら毎日新しい虫さされができて苦しんでいたのである。そこで、悪いのは掃除機かも、ということであまやんは最新型を手に入れるべく、色々なメーカーの製品を研究することにした。あまやんはこういたことには無頓着な世のお父さん達とは違ってかなりこだわりはある方である。そこで、各項目に亘る詳細な検討の結果、最終的には、ミーレとこのダイソンが候補として残ったのだが、ミーレはやはり紙パック仕様なので、ナショナルとかわらないかも、ということで、結局やめてこのダイソンにした。どっちかというと、とても掃除機とは思えない遊び心あふれるデザインや、色や姿のかわいさに惹かれた、というのが本当かも。
なんでも、ほこりを10000回転以上で回転させ、遠心分離でわけるというのがこの掃除機の新しところだそう。しかも無臭だし、ごみを吸った量や、回転するほこりが外から確認できるのもおもしろい。
またしばらく使用して実際の使用感をアップします。しばしお待ちを。

上から見たところ サイド。吸い込み口先端部分が本体にとめられるようになっているのがおもしろい。 標準用吸い込み口(左)とじゅうたん用(右)

交換用ノズル3種は本体につけられる。なお、ホース内には破損時の感電防止のため電線は通っていない。 上記写真のように先端部分をはめ込み自立させてみた。 なんとスイッチではなくリモコン。赤外線を通信に利用しており、本体に受光部がある。

専用交換ノズル(4種) タンク(右)をはずしたところ。本体下の放射状のものがアフタモーターHEPAフィルタ。 HEPAフィルタ。洗って何度でも使用することができる。