コレクションいろいろ


あまやんは色々なものにこだわりがあり、特にあまり人の集めようとしないものを集めたりする、くせがあります。でも貧乏なため、集めるのにお金のかかるようなものは集めないので、ほとんどが安いものか、ただ(無料)の物ばかり。集まったものをおいておく場所もないため、最近ではバーチャルなコレクションもいいかなと思ってるのですが。。。その一部をここに公開!


1 ビーニーベィビーズ(Beanie Babies)

 現在、日本のぬいぐるみ界を震撼させているこの米国Ty社(イリノイ州)のぬいぐるみ。動物や鳥のみならず、は虫類や昆虫、海の生物をモチーフにしており、種類が大変多い。

 本国での定価は6ドルくらい、3個で15ドル。全部で数百種類あり、一定期間生産された後は二度と生産されないため、一部では大変なプレミアもついているとのこと。日本で正規輸入されているものは一体650円とまずまずは良心的価格。
 99年10月にアメリカで偶然一体を6ドルで購入。それまでは全く存在すら知らなかった。2000年に2月に再びアメリカで、同じものが何と50ドルで売られているのを発見、いたく感動したのをきっかけに集めはじめた。これは愛用のIMacにTy社Hpを表示させ、あまやんのビーニーのコレクションを周囲に並べてみたところ。左端のベアがその記念すべき第一号のGroovy。まん中が一番のお気に入りのクラゲのGoochy.タグには誕生日、つまらないポエムのようなものなどが書かれており、これを外すと価値がなくなるのだそう。

オフィシャルホームページはこちら


ベアのシリーズ。後列右からGroovy.この子はあまやんが一番最初に買ったビーニーです。タグは知らずに取ってしまいました。タオル生地でできていて、一体一体色合いが異なります。ピンクのはさくら。これは日本限定の商品で、2000年のさくらの咲いている時期だけ売られたものです。出荷個数も非常に限られているため、アメリカでは500ドル以上のプレミアがつきました。あまやんは、とある田舎のショッピングセンターでひっそりと一つだけ売られていたのを発見し即ゲット。650円でした。最近はかわいくないのが多いので、これからはベア中心に集めていきたいと思います。基本的にはプレミアをだしてまで買う気はないけど。



2.ひょうちゃん

横浜名物の「崎陽軒」の「シウマイ」に付属している陶器製の醤油いれ。ひょうたんの形をしているので通称「ひょうちゃん」。シウマイは値段が400円で、あまやんは東京の出張の帰りに必ず買うことにしている。絵は顔の部分と胴体の部分の組み合わせによって構成され、様々なパターンがある。最近ふたがコルク製から軟質ビニル製に変更された。高級タイプの800円の方の「特製シウマイ」にはもっとひょうたんに近い形をしたひょうちゃんが付属してくるのだがあまやんは高いので買ったことがない。右のウサギは大阪の有名なうどんすき店「美々卯」で使われている箸置き。



3 ビクター犬

オーディオやビデオでお馴染みのビクターのキャラクター、ニッパー君。日本のものと思っている人が多いかも知れないけど、オリジナルは米国RCA社のキャラクター。犬が蓄音機のラッパを覗き込んでいる下に、「His Masters Voice」と書かれている。つまり、この犬の主人が死んで、その声が蓄音機から聞こえてくるのに犬がほろりとさせられている、それほどビクターのオーディオは音が良い、という意味があるのだ。

 さて、この大きい方のビクター犬は、あまやんが15年程前に大阪/日本橋でオーディオ製品を買った時に店の人を拝み倒してもらった非売品のキャンペーン商品。その時はビクターの製品ではなくヤマハの製品を買ったのだが、無理を行ってもらったのだ。小さい方は携帯のストラップ。着信すると光るしくみになっている。これも3年程前に、ソニーの携帯電話を買った時に店の人を拝み倒してもらったもの。ビクター犬よ、全然自社製品の売り上げに貢献していないぞ。

 この手の企業キャラクター商品は非売品だけになかなか手に入らず、プレミアがつくことも多い。しかしそれを知ってか最近各社とも安易に景品に使いすぎる嫌いが多い。

あまやんはビクター犬はキャラクターだけのものだと思っていたのだが、何と生きた本物をトルコで発見! ものすごく感動して涙がでそうになりました。ピンク色の金玉袋が卑猥です。


このビクター犬は毎日この場所でこんな感じで寝ていました。でも日中は日陰の場所を求めて少しづつ移動はしています。性格はちょっと臆病で、でもさわっても動かず、尻尾をふることもない愛想のない犬でした。



4 お酒のミニボトル

国際線の飛行機にのった時に食前酒、食後酒として配られる、様々なウィスキー、リキュールなどのミニボトルのコレクション。もらう時は「一通り全部ください」といってもらうのだが、いじわるなスチュワーデスだとくれない。そういうときには「どんなのがあるのか見せて」と言って違うスチュワーデスから数本もらうことを2、3回くり返す。実はあまやんはお酒は全然だめなんだけど。。。
とりあえず違う種類のものばかりどれだけあるか整理してみたらこれだけになった。だぶったのは人へのおみやげにすると喜ばれる。これだけ集めるのにお金が一銭もかかっていないのが自慢といえば自慢。


5 ラスベガスのカジノのコインカップ

ギャンブルで有名なアメリカのラスベガスのホテルにはどこにもカジノがありますが、中でも一番お手軽なのはスロットマシーン。で、スロットマシーンの横には、出てきたお金を受けるカップが必ずおいてあります。これはその各ホテルのカップのコレクション。あまやんはスロットマシーンでは負けましたがカップはゲットして来ました。

左から、La Hacienda,New York NewYork,Treasure Island, Mandaley Bay, Hard Rock, Luxor,MGM Grandのもの。(すべて無料)


6 トイレのおもちゃ&アクセサリー

世界中で集めたトイレのおもちゃ&アクセサリーです。トイレに関するおもちゃはありそうで以外と少ないです。見つけたら即ゲットです。

家の本物のトイレにトイレのおもちゃを並べてみました。

アメリカで購入した冷蔵庫用マグネット。フラッシュボタンを押すと水の流れる音がする。約6ドル。 日本の「大人のおもちゃ」店でほこりをかぶっていた水洗灰皿。1500円。
神戸の高架下商店街で購入。開けると水がとびだすしかけ。中国製,300円。 北海道のおみやげでもらったもの。暖かみのある木のおもちゃ。硬質の木材でできていて、年月を経る毎に味わいを深めていきそうな逸品。

金属製の携帯ストラップ。左が男性用の小便器、右が和式便器。和式の方はパイプまでついているのがおもしろい。各450円。 アメリカの通販で購入したトイレマークのカフスボタン。本物の便器と同じような陶器の素材でできている。女が赤だったらなおよいのだが。あまやんはここ一番と言う時やフォーマルなパーティで使用。

ガチャガチャ式自販機でトイレオモチャ発見!100円。 白いウンチが蓋をあけると2個飛び出す仕組み。もう少し工夫がほしい。
トイレットぺーパー&男女マークのストラップ。 トイレ型キャンディ。通称「パッコン」の形のキャンディーに便器の中に入ったパウダーをまぶして食べる。ちょっとスカトロジックなお菓子。バレンタインデーに隣のOLのT嬢がくれた。



7.ゲロ袋

 あまやんがいつも海外旅行の思い出として持ち帰るのが飛行機備え付けのゲロ袋。ゲロ袋を集めているというと、名前がよくないからか、かなり人からは変な顔をされてしまうので、air sickness bagのコレクターということにしています。。最近は人からおみやげとしてもらうことも増えてきました。この写真のゲロ袋の3分の1くらいは人からもらったものです。高価なおみやげよりもこの手のものをよろこぶ変なおっさんのあまやん。でも、書かれている言語や内容、袋のデザイン、材質など、見れば見る程興味深いし、楽しく、ある時はつらかった旅の思い出が脳裏に蘇ってきます。

最初は1枚1枚スキャナーで読みとってアップしようかと思いましたが、めんどくさいのでやめました。http://www.airsicknessbags.com にそういうデータがのってます。このホームページはすごいです。この作者の人はスペースシャトルのゲロ袋を探しているとか。そんなものあるんかいな。

その他、あまやんコレクションにはまだまだキワモノがいっぱい!順次公開して行くのでお楽しみに!