いたずらのコーナー


 最近の人たちは、暗い世相の中で笑いのセンスを忘れてるよね。笑いは世界の人々を幸せにする原点じゃないかな。失業、倒産、凶悪犯罪などで荒れる世の中を吹き飛ばすべく、もっと楽しい笑いを創造していかねば!と日々考えるあまやん。
 駄洒落やおもしろい打々発止のトークによる笑いもいいんだけど、あまやんはちょっと苦手なので、より現実的、リアルな「いたずら」による笑いを大事にしたいと願い、いたずらのセンスを磨いて行きたいと考えつつ、面白い、新しいいたずらはないか日々知恵をしぼっているところ。
 でも、日本語で「いたずら」と聞くと、よくないこと、というイメージがあるよね。例えば「中年男が少女を誘い、いたずらしようとした」というようなニュース。でも、例えば、「おじさんが椅子にブーブークッションを置き、女の子を言葉巧みにその上に座らせた」というのでも、さっきの表現になってしまうのだ。これはいたずらに関する日本語の語彙がとぼしいせいで、ひいては日本にいたずら文化が発達してないからだと思う。日本人はいたずらのセンスが苦手だけど、世界には欧米を中心に、歴史に残る有名人のすごいいたずらが数多くあるのだ。
 

で、いたずらをする上で大事な原則は次の通り。

1 人に迷惑をかけないこと。

2 やった方もやられた方も、後から気分がよく、心を傷つけないこと。

3 第三者も含めて後で楽しく笑えるようなものであること。

4 いたずらのセンスを理解しない人の前ではやらない

5 最終的に責任と信念をもてないいたずらはしない

ということくらいじゃないかな。

このコーナーでは、いろいろないたずらの実践、いたずらのプラン、アイディア等について幅広くのせていきたいと思っています。また、みんなからのいたずらの結果報告や、思い付いた計画についてものせる予定です。投稿よろしくね。おもしろそうないたずらは、あまやんが実際にやってみて、結果を報告いたします。


「健康診断、検便の前の数日間、とうもろこしだけを食べておく」

 実はこれはまだあまやんはやったことはありません。どなたか挑戦を!


「レストランや喫茶店で隣の人がしゃべってるのと同じ話題で盛り上がる」

先方の話題が移り変わるにあわせてこっちの話題も移り変わらせる。隣の人がしているよりも、より高度な、内容のある話題をするのが望ましい。


「レーザーポインターを使ったいたずらは注意」

 会議で説明をする時などに使うレーザーポインター。あれを直接目に当てると目を痛め、失明する事もあるとか。あれを人の目にあてるのはくれぐれもやめましょう。夜道で歩いている人の前の地面に、マンションの上の階などからいたずらをするのはOKです。


「間違い携帯メールへの返事」

 iモード携帯を使っていると、電話番号がアドレスになっていることもあり、時々間違いメールが入ってきます。最初はあまやんも無視していたんですが、同じ人から何度かきた場合は、送った人や受け取った人の輪郭というか、属性がある程度わかってしまうことがあるので、できるだけ話をあわせて、その人になりすまして返事を書きます。そして文章の最後に、「送り先間違えてるよ」というような一言を入れるのです。でもたいがいそれっきり。返事をさらに書いてくるようなおもしろい人にあたったことはないのが残念。


「マウスのいたずら」

 今日あまやんがやったいたずらです。他人のパソコンのマウスの中からボールを取り出し、そこにあらかじめチョコボール(できれば白いもの)を入れておきます。マウスの調子がおかしい!といわれたら、「どれどれ見せて」といいながら、「あっ!ボールがちぢんでいる!」といいながら、ボールを取り出し、目の前で食べてしまいます。びっくりしますよ。


「FucK You! をするマネキン人形」

 スーパーマーケットや百貨店の服売り場にはマネキン人形がありますが、最近は硬質のものよりも、自由に形を変えられる軟質のものが主流です。中には、指まで自由に動かせるものがあります。
 そういうマネキンを見つけたら、中指を立てて、いわゆるfuck you!にしておきましょう。欧米では人に喧嘩を売る際やばかにする際によく使われるしぐさですが、日本ではあまり知られていないため、店の人も気付かなかったりしてかなり長期間残るよ。手の位置を顔の前くらいまで上げておくとかなり挑戦的なマネキンに仕上がります。有名ブランドのかわいい子供服のマネキンでやっておくとおもしろいよ。
 そういえば、畑で軍手が竹棒にさされて干されている姿をみると、ほとんどがFuck you状態になっていますね。単にあれはまん中の指に突き刺しておくのが安定するからなんだろうど。日本人は知らんのですね。


「電車で座っている時にもぞもぞする」

 電車で自分が座っていて、他に空席がない時、駅が近付いてきたら、自分のおりる駅でなくても鞄をいじったり、キップを出したりして、もぞもぞする。すると、周囲の立っている人のうち、「次の駅でこいつは降りるぞ」という感じで席を狙って近寄ってくる人が出てくる。そうなったら、ますますもぞもぞして、おりそうな素振りを見せる。で、駅についたら最後までもぞもぞするが結局降りずに「ふぅ〜」などと言う。寄って来た人の落胆した顔を見て楽しむ。笑ってしまってはだめ。老人や妊婦、体の不自由な人には席を譲りましょう。