■■読者の旅コーナー■■
 
■■ バックパッカーおじさんの「世界見聞録」>楽しい情報編=読者の旅コーナー 目次
メールでつながる世界民俗の旅

このコーナーでは、みなさんから寄せられた各地の「ハプニング」「こんな経験をした」などのメールなどを紹介するコーナーです。旅の参考にしていただければ幸いです。
情報お待ちしています。親設コーナーのためこれからどんどん増やしていきます。
mail このメールでお送り下さい。  
     パックパッカーおじさんの「世界見聞録」


イタリアは、泥棒の国!
 イタリアは、町全体の美術館みたいで食べ物も色々ですよね。でも、町の
治安の悪さは世界一です。泥棒に入られていない家がないほどです。
 治安が悪いため、ツアーでもバスの中からしか見させてくれないようです。
ナポリ湾を一望できる場所やローマのコロッセオ周辺などは、スリ、ひったくりは
日常茶飯のようです。馬車に乗ったらボッタクリ、町を歩いていたらバイクの二人
乗りがひったくりしたりと、旅全体が台無しになってしまいます。
 スボンの後ろポケットやハンドバックに貴重品を入れない。婦人のバッグは、
たすきがけにして持ち歩く。手荷物を下に置くときは、足で挟んすられないようにする。
飛行機待ちのロビーでは、疲れて寝てしまうのでバッグなどは、足にまわして置い
たり、手提げを腕で゛抱え込んでおかないとスラレてしまいます。
 つねに旅行での癖をつけねばなりません。小さな子供の動きにも注意して下さい。
何時の間にやらバックのチャックを開けている時がありました。

外国人を対象の「京都ツアーガイド」が好評! 2002.01.07

This walk has been privately operated since 1996 by Mr. Hajime Hirooka, better known as Johnnie Hillwalker, one of the best tour guides in Japan, with 40 years of tour guide experience. His walk has been acclaimed worldwide as one of the uniquest tours in the world.

"Explore Kyoto's back streets for four fascinating hours."
- San Francisco Chronicle, Jan. 30, 2000

"Johnnie unveils an astounding array of Kyoto crafts and experiences."
- Traditional Home, Nov. 2000


NHK (twice), TBS, BBC Holiday and British Channel Four have all introduced Johnnie's walk on their TV programs.
This is an all walking tour.
The walk is not so long, covering 3 kilometers in 4 hours. No up and down.
Slow walking, visiting many places, mostly private, with much talking about Buddhism, Shinto, geisha, history, everything.
No reservation system, just join and go.

Operated March through to November. Not operated in December, January and February.
Walk every Monday, Wednesday & Friday. Not on Sun., Tue., Thu. & Sat.
No walk on National Holidays.
Walk rain or shine.

Start walking at 10:15 from JR Kyoto station.
The Check-in place is an easy to find small low Square, you find when you walk out of the main entrance (Karasuma gate) of Kyoto station. In the direction of Kyoto tower, you will find some trees surrounding my meeting place, a small low square. MAP

Tour fare is \2,000 yen. (About $18 U.S.dollars)
Children 15, 14, 13 years old \1,000 yen.
Smaller children free.
No other charges.
The size of the tour is not so big, 8 to 15 or so.

The tour visits:
Higashi-Honganji, the biggest Buddhist temple, not a tourist spot, you have to take off your shoes to go inside (includes a visit to a hidden underground area).
Shoseien garden inside a priest's palace, Kikokutei.
Two Shinto shrines, Ayako Tenman-gu and Toyokuni shrine.
A geisha area, Gojo rakuen.
A graveyard in Chokodo Temple.
Many workshops in private homes along back alleys where such things as Buddhist prayer beads, paper fans, tofu, paper lanterns, rope decorations, green tea containers, Japanese pastries and pottery are made.
Sometimes the wife of a Shinto priest will help you to try on a yukata kimono in her home.

No lunch stop. The tour provides each of you one small piece of vegetarian sushi, and a rest in an old house, where you are served a small piece of Japanese pastry with a cup of green tea.

The tour finishes around 2:30 near Kiyomizu temple, the No. 1 tourist spot in Kyoto, half way up the eastside hill, with wonderful views and many shops, and restaurants along old Kyoto-style lanes, the best part of Kyoto to spend the remaining of the day by-yourself.

You find my pamphlets at most of the hotels, ryokans, information desks in Kyoto.
HAJIME HIROOKA
2A1401 Mukaijima New Town, Fushimi, Kyoto 612-8141 JAPAN
Phone & Fax: 81-75-622-6803
Mobile: 090-1890-0096
Email: h-s-love@mbox.kyoto-inet.or.jp

 毎年3月1日から11月29日まで、祝日を除く毎月曜日、水曜日、金曜日、晴雨に
かかわらず、予約不要で、10時から10時15分に集合していただいた方から、お一
人2000円を集めて、歩き始めます。(13,14,15才は1000円、以下は無料)
集合場所はJR京都駅前、中央口(烏丸口)を出て、タワーの方向に50メートルばか
り歩くと、左はバス乗り場で、右に10段あまり低くなった小さな場所があります。
ここ集合集合場所です。
 JNTOでお待ちの方も拾って、東本願寺、ここで、日本の仏教の話をしますし、地下部
分まで行きますし、お勤めのあるときが多いので、中央の二階建ての門を出るのは、
11時10−20分になります。渉成園なども行きますが、文子天満宮、豊国神社な
どでは、神道の話、日本の歴史の話などして、あとは主として、手工業の仕事場など
を見て、京都の伝統産業のあり方について話します。着物を着ていただく日もありま
すし、いなり寿司やお菓子を食べていただきますが、費用は全部ツアーに含まれてい
ます。(着物は交通遺児のためのキャンペーンで、寄付する事は出来ますが、しなく
てもかまわない。)2時30分から3時の間に、五条通りの、東大路に近い、六兵衛
窯の前で終わります。
 あと、清水から三年坂のほうへ歩くことをお薦めしていますが、ご希望の方向への行
き方はご案内します。場合によっては駅までお連れすることもあります。
食事時間は考えておりません。外国人はほとんど食事時間を問題にしません。日本人
はなぜだか食事時間にこだわります。
 僕のツアーは、、世界で一番内容の良いものではないかと密かに自負しております。
これからもよろしくお願いします。 英文 http://web.kyoto-inet.or.jp/people/h-s-love/
広岡 一

 山崎さん  2001/11/16

最近、「深い河」という映画を見て、インドに興味を持ちました。
インドに行くと、今までの常識や価値観が変わると聞きます。
いつかは行ってみたいです。以前、ネパールで火葬の場を見ました。
とくにおごそかであったりもせず、日常の続きにごく当然のように死があるといった
印象をうけました。なぜインドでは殺気だっているのでしょうね?

バックパッカーおじさんの返信
山崎さんへ
メール有難う御座います。
たしかにインドでの火葬場は、殺気だっています。充分注意しな
いと大変なことになります。未確認情報ですが日本人の行方不
明者が毎年出ていると言うことですよ。日本の新聞には出て
いないようです。
私もインドの火葬場で「写真を撮った?」と言われてもめたことが
あります。インドは貧富の差が激しく、貧しい国なので何が起こ
っても不思議ではありません。
 しかしネパールの火


スキューバダイビング・ライセンス  yk 2001/7/2

■海と島の好きな方のためのポータルサイト
月刊誌マリンダイビングや海と島の旅を発行する<水中造形センター>では新たにダイビング業界
最大のサイト MARINE−WEB
 を開設。海が好きなノンダイバーも楽しめる世界のリゾート情報など
も網羅され、毎日更新。


■ダイビングライセンスについて
すっかり一般化したスキューバダイビング・ライセンス。今では多くの指導団体が存在しますが、代表
的なライセンスはアメリカ系のPADIとヨーロッパ系のNAUI。
ライセンスを取得は、中小団体のライセンスだと国や地域によってライセンスが通用しない場合も。
全世界的に通用するのはやはりPADIが一番。
▼ PADI のホームページ      ▼ NAUI のホームページ


"大久保 直美": Friday, July 13, 2001 5:39 PM
Subject: はじめまして
はじめまして。
今日たまたまこのHP見つけました。
とても興味をひかれ、メールを送ることにしました。
私は、現在中国で留学中の身なので、旅行に関することには何かと敏感でした。
このページは、旅行のことはもちろん民俗学・世界遺産などとても興味を持ちました。
ところで、このメールを送ろうと思った真意は次回の旅行先を見てです。
次回の旅行ではシルクロード方面へ行かれるとか?
実は、6月25日から10日間私も同じ場所へ旅行してきました。
駱駝に乗り砂漠を歩きました。中国三大遺跡の莫高窟・漢長城・映画「敦煌」の撮影
場所へいき、天池でモンゴル式パオにも泊まり充実した日々でした。
中国にいるにもかかわらず中国の雰囲気は感じられない、乾いた空気が私達を連れ
去ったかのように。←ちょっとおおげさかな?
とにかく感動感動の連続でした。
新彊へ向かう寝台列車の中で現地の人を見つけ、簡単な新彊語を教えてもらいまし
た。
砂漠を見るのは初めて、地平線を見るのももちろん。
シシカバブ―(羊肉)とビールで毎日が宴会気分。
羊肉は臭みがなく本当に美味しかったです。
何もかもが私の中に感動として流れ込んできました。
中国で買った安物カメラでも、現像した後の写真はあの時の感動そのものを映し出し
ていました。
本当に行ってよかったと思いました。
是非楽しんできてください!!!!
これからも、HPでのいろいろな情報楽しみにしています。
   だ〜じゅ(大久保直美) 2001/7/13


From: Hiroko: Friday, July 20, 2001 6:53 PM
Subject: はじめまして
はじめまして
HP楽しく拝見しました。
やっぱりネパールへ行きたいという思いが強くなりました。
8月に10日間ほどカトマンドゥに旅行をしようと思っているのですが、王族の殺害事件の旅行への影響はあるのでしょうか?
もし、ごぞんじでしたら教えてください。 
☆"∵`*.。.∴*'・:。☆"∵`*.。.∴*`"・  Hiroko

From: "大久保 直美": Friday, July 20, 2001 2:52 AM
Subject: Re: はじめまして
返事が遅れてしまいすみません。
シーサンパンナはいい所だと聞いています。
とても羨ましいですね!
ところで、中国での文献についてはちょっとわかりません。
探してみてあったらまた連絡します。
来月の頭にはチベットへ行こうと考えていた所です。
中国へ来たのならチベット旅行は絶対!
と考えていた物で・・・。
また、何かあればご連絡を。
それでは、


From: "timanaka" : Wednesday, August 01, 2001 8:35 PM
Subject: Fw: 竹取物語のホームページ拝見しました
 7/19−24シルクロードの旅でお世話になりました今中です。旅行
中は多くの興味深いお話を伺い、ありがとうございました。敦煌の遺跡をはじめ多く
の史跡を見ることができた感動もさることながら、竹取物語の発祥地、仏教伝来ルー
ト、米の伝来ルートなど興味深いお話を伺うことができ、今回の旅はこれまでに無い
充実したものとなりました。帰国後早速、ホームページを拝見し、多岐に渡る詳細な
内容とご活躍ぶりに感心しました。中でもやはりかぐや姫考に最も感心しました。か
ぐや姫の昇天部分は仏教の来迎図がベースではないか、羽衣説話、五難題説話を接合
し日本の実在モデルと入れ替え仏教、神仙知識を調合した漢文物語ではないかなどの
記述は、作者の壮大な知識、才能に感嘆します。果たして一人の作者でできたもの
か、何を目的に書いたのか、仏教の教えを大衆にわかりやすく説くためのものなの
か、藤原京時代の天皇や貴族社会を暗に批判するためのものなのか、しかしこの時代
は文章表現の自由がこんなに許されていたのか、など次々と疑問がわきます。竹取物
語は宇宙的ロマンの世界に大衆を引き込む、もっと評価されて良い大作ではないで
しょうか。
> 今後チベットなどに行かれ、新たな発見をされ、さらにかぐや姫考を肉付けされる
ことを期待しております。
> かぐや姫考のバージョンアップ、テレビ放映、出版などされましたら、拝見いたし
たくお教えいただければ幸いです。ご健闘をお祈り申しあげます。
 今中哲男


"大久保 直美" : Monday, August 06, 2001 11:41 PM
Subject: お久しぶりです。
返事が遅くなりすみません。
今現在、私はチベットラサにいます。
この前のメールでの「竹取物語」のことなのですが、具体的にどのようなことを調べ
ればいいのですか?
私は素人なので、調べるというよりも、本などを指定していただければ購入すること
は可能です。
11日ころまでチベットの方に滞在する予定です。
それまでに、郊外の方へも行ってこようと思っています。
それでは・・・。             ラサより 8月6日   大久保直美


はじめまして!発火といいます。もうすぐ18歳になります。 2002.1.17
色々な国を旅していらっしゃるのですね?そういう生き方に憧れます。
個人的な相談なんです・・・。
一ヶ月か二ヶ月くらい外国で生活して、英語や文化を学び、色々な人と触れ合い
たいです。最近英会話を習いはじめたのですが、ほとんど話せないといっていい
くらいです。
海外ボランティアもいつかやってみたいと思っていて、体を動かして働くのが好きな
ので、環境開発系のボランティアをしてみたいなぁと思いました。でも、そういうの
は本当に「ボランティアをしたい」、という心がないとだめなのかもしれないし、何
より英語を話せないなら行っても足をひっぱるだけかもしれない。
「英語や文化を学び、人と触れ合う」目的なら、よくある「スタディプラン」みたい
なのが最適なのでしょうか?
いきなりこんなメールしてすいません。
バックパッカーおじさんの意見を聞かせてください!

18歳の発火?さんへ 2002.1.18
メール有難う御座いました。
海外ボランティアは、あまり関心しませんが1年間留学すれば
片言の英会話が話せるようになるようです。
 一番良いのは、AFSですが年齢がすでに過ぎていますね。
しかしこれば色々な条件が整わないとダメです。
学校間で交換留学している所などが良いかもしれません。
ホストファミリーが一番良いようです・・・。
1ヶ月では、何も話せないようですよ。
 私などは、英語もまともに話せません。いつもジェスチャーです。
ただ、複雑な話になると現地で通訳を雇います。しかし、私が
調べようとしていることを通訳が知っていないと役に立たない
場合が多いようです。


パックパッカーおじさんの「世界見聞録」


つながらないリンクや不明な内容のページを発見の時、
又リンク掲載の申込は、下記まで御連絡お願い致します。
please E-mail to koi@catnip.freemail.ne.jp

当ホームページはリンクフリーです。バナーは下記をクリックください。

|その他の注意| 著作権リンクについてリンクバナ−HP管理者
Copyright(C) 2001 koizumi Corporation Japan. All Rights Reserved.