■■はじめての方へ■■
 
■■ バックパッカーおじさんの「世界見聞録」>読者コーナー=初めての方に 目次
 あなたは番目の 訪問者です!    
はじめまして

外国人を対象の「京都ツアーガイド」が好評! 2002.01.07

 毎年3月1日から11月29日まで、祝日を除く毎月曜日、水曜日、金曜日、晴雨に
かかわらず、予約不要で、10時から10時15分に集合していただいた方から、お一
人2000円を集めて、歩き始めます。(13,14,15才は1000円、以下は無料)
集合場所はJR京都駅前、中央口(烏丸口)を出て、タワーの方向に50メートルばか
り歩くと、左はバス乗り場で、右に10段あまり低くなった小さな場所があります。
ここ集合集合場所です。
 JNTOでお待ちの方も拾って、東本願寺、ここで、日本の仏教の話をしますし、地下部
分まで行きますし、お勤めのあるときが多いので、中央の二階建ての門を出るのは、
11時10−20分になります。渉成園なども行きますが、文子天満宮、豊国神社な
どでは、神道の話、日本の歴史の話などして、あとは主として、手工業の仕事場など
を見て、京都の伝統産業のあり方について話します。着物を着ていただく日もありま
すし、いなり寿司やお菓子を食べていただきますが、費用は全部ツアーに含まれてい
ます。(着物は交通遺児のためのキャンペーンで、寄付する事は出来ますが、しなく
てもかまわない。)2時30分から3時の間に、五条通りの、東大路に近い、六兵衛
窯の前で終わります。
 あと、清水から三年坂のほうへ歩くことをお薦めしていますが、ご希望の方向への行
き方はご案内します。場合によっては駅までお連れすることもあります。
食事時間は考えておりません。外国人はほとんど食事時間を問題にしません。日本人
はなぜだか食事時間にこだわります。
 僕のツアーは、、世界で一番内容の良いものではないかと密かに自負しております。
これからもよろしくお願いします。
広岡 一



ようこそ「バックパッカーおじさんの「世界見聞録」へ。


 このホームページは世界遺産をめざして旅の計画を立てている作者のヤジキタ旅行記です。今後は行く先々からも旅の様子をお伝えする予定です。
 旅のスタイルはバックパッカーおじさんで。文字通り、バックパックを背負って地球上を動き回っています。ビンボー旅行もありますが。移動手段や宿泊先に関しては、快適でより安い方法があればそちらを選びます。ルートは飛行機が主であとはなるべくバスや汽車で移動しています。旅の楽しみは人々との出会いです。一応スケジュールを立てていきますが、興味のある所に出くわした時は、そこに留まり民俗調査を開始します。

バックパッカー滞在者の古今東西
古今東西南北?人類は旅に出かけ、旅することで文化を育んできました。国境を越え多様な価値観に触れることで、新たな自分や本来の自分を発見することが多くあります。
昔はバックパッカーといえば欧米人でしたが、今はどの秘境にいってもその地方の安宿に日本人の学生が沢山います。日本人バックパッカーに出会って思う事は、何かに疑問を抱き、何かを見出そうとしている人が多くそのまま職につかずずるずるしている人がとても多い事です。
バックパッカーに年齢制限はないようですが、欧米パッカーの多くはミドル世代が占めてます。旅は、思い立った時が旅ごろだそうです。でも時間と金がうまく調達できないのが悩みです。
 私は、タバコと酒を好まず。それに贅沢せず常にバーゲンセールなどで買い物をしたりして、それらで浮いた資金でパッカー旅行をしています。
日本を脱出して、従来の旅とは一味違う大変危険な旅を体験するには、それなりの覚悟と勉強が必要です。貴方も新たな扉を開いてみてはいかがですか!
このホームページが少しでも役立てばうれしいかぎりです。
BACKPACKER
Japanese Backpackers Web Link
    JapaneseBackpacker'sWebRingHome次のサイトへ


あなたはどのスタイル?

目的をもって、安く、長く、世界各地を放浪しましょう

ウルルンなどのTV番組の影響もあって最近多いのがこのスタイルだそうです。ルートは軸年の世界一周型・中南米縦断型。若者のアジア周遊型。歴史愛好家のシルクロード横断型。ご婦人方のヨーロッパ型と様々ですが、客観的にみると2つのタイプに分かれルようです。
先ずは、現地で知り合った日本人バックパッカーたちと集団で行動を共にするタイプ。各国の観光地域には「日本人宿」とよばれる日本人が集まるゲストハウスが多いようです。日本人が日本人を呼び、日本人がいるのが一番安心でレストランなど日本語の看板を多く見つけることが出来ます。安全といった心理の典型で、ほんとに色々な情報を得ることが出来ます。
次に反日本人型のバックパッカー。海外に来てまで日本人の顔は見たくないタイプ。街で日本人と会っても挨拶せず、露骨にいやな顔をしたりもします。これは若い女性に多いケースです。とにかく大きなカメラを持ってバシャバシャバシャとカメラの音をさせわけのわからない所を夢中で写しています。
いずれにしても現代のバックパッカーに共通している事は、日本で購入したバックパッカー向けガイドブックを片手に行動すること。書いてない情報には見向きもしないで、ひたすらガイドブックに忠実な「マニュアルトラベラー」が多いのには驚きます。
私は、日本食レストランや日本人宿に置かれている情報ノートを必ず呼んでいます。そこには時々参考となる情報もありますが読んでも参考とならない内容が多いようです。ガイドブック情報も大切ですが、自分で何かを見つけてガイドブックにはない新たな発見をして歩いてはいかがですか。新たな出会いもそこに発見できるはずです。

海外生活サポート業者に注意

日本には生活サポートをはじめ、インターンシップや日本語教師研修、ボランティア、留学・ホームステイを扱う多くの会社があるが、高額な料金設定の業者もあり、現地でのトラブルも多発しているようです。インターンシップや日本語教師などの研修プランは悪質なケースが目立っています。家事や農場を手伝いながら無料でホームステイできる所など、ホームステイ料金を安くしている業者もあるので注意が必要です。

イタリアは、泥棒の国!
 イタリアは、町全体の美術館みたいで食べ物も色々ですよね。でも、町の
治安の悪さは世界一です。泥棒に入られていない家がないほどです。
 治安が悪いため、ツアーでもバスの中からしか見させてくれないようです。
ナポリ湾を一望できる場所やローマのコロッセオ周辺などは、スリ、ひったくりは
日常茶飯のようです。馬車に乗ったらボッタクリ、町を歩いていたらバイクの二人
乗りがひったくりしたりと、旅全体が台無しになってしまいます。
 スボンの後ろポケットやハンドバックに貴重品を入れない。婦人のバッグは、
たすきがけにして持ち歩く。手荷物を下に置くときは、足で挟んすられないようにする。
飛行機待ちのロビーでは、疲れて寝てしまうのでバッグなどは、足にまわして置い
たり、手提げを腕で゛抱え込んでおかないとスラレてしまいます。
 つねに旅行での癖をつけねばなりません。小さな子供の動きにも注意して下さい。
何時の間にやらバックのチャックを開けている時がありました。

移住・長期滞在方法
観光査証で入出国を繰り返す
国によって違いますが観光査証の延長によって3ケ月から1年の滞在の後、一端出国し再入国を繰り返す方法があります。滞在手段や目的は人それぞれ、観光入国の身分ですので不都合もありますが、現実的には観光査証のままで住み着いたり個人事業をしている日本人も多くいます。

結婚して移住
投資の必要も無く、原則的には無条件で相手国の居住査証が発給されます。バリ等など日本女性が沢山現地の人と結婚して生活しておられます。

労働査証や商用査証、居住査証とる
現地企業の就職による労働許可の取得、または事業投資や現地会社を設立などをして滞在許可を取得する方法。言葉をはじめ、各種規定による手続きが大変で、また居住滞在に必要な査証名称や査証内容は国によって差異があります。

中高年向けの特別優遇制度を活用
国によっては年金受給や貯蓄を条件に居住査証が発給される制度で「タイアメント査証」があります。最近マニラなどに家を建てて海外居住する人達が増えています。

ワーキングホリデー査証を取得して現地就職
現在日本政府と全7ケ国との間で相互協定締結。査証取得すると1年間、就労しながらの滞在が認められます。

海外ボランティアに参加して移住
移住に欠かせないのが査証などの許認可事項。ボランティア参加は、現地政府・その他の人脈、協力者ネットワークを作ることもできます。

ジェスチャー会話術
世界を旅行する時には、英会話が必要ですが。大切なのは“自分の意志を通じさせようとする度胸”です。
私は、文法などわからず単語だけを並べてしゃべっています。
旅行では、日本語と少しの英語でだけで現地の人との会話しています。世界は広く英語圏ばかりではなく、色々な語圏、少数民族語圏にも属していない国がたくさんあります。
日本の英語教師が、中国へ行って自分の英語が全く通じなかった例さえあります。中国では、昔習った漢文を思い出して漢字を並べて「筆談」すれば殆どの場合通じます。私は何時も、会話に困ったときはジェスチャーで間に合わせています。空港などでは、英語が通じますが時々単語がわからない場合があります。その時は手帳型の日英・英日コンピューターを出しアルファベットを聞いて翻訳しています。皆さんも会話に困った時は、一度試されたらいかがですか。私は、飛行機の中などでこのコンピューターを出して隣に座った外人と時々やり取りしています。

パックパッカーおじさんの「世界見聞録」