「飛行機のこと」


旅行の計画を立てるのは、自分。旅行の代金を払うのも自分。泊まる所を決めるのも、また自分。しかし、安く楽しくを考えるとイマイチ選択ができないのが航空会社。その時その時一番安い航空券を買って旅行してきました。航空会社のサービスが良かろうが、悪かろうが、目的地に着いてから楽しくすればいい、と思ってきました。その時その時安い航空券を、と思うと大体よく使う航空会社が限られてきます。しかし、そのせいで、どのマイレージのたまり具合も中途半端、今回イギリス長期滞在の間に日本への一時帰国とイギリスでの航空券の手配、旅行でなくて住んでいたイギリスに帰るという旅行を経験し、やっと考え始めました。航空会社を選ぶということを。

日本とヨーロッパを往復すると、かなりのマイルが稼げます。例えば、ある航空会社のディスカウントエコノミーチケットで、成田とロンドンを往復すると、約12,000マイルが稼げます。航空会社によっては、40,000マイルくらいでディスカウントエコノミーチケットでも、ビジネスクラスにアップグレードできます。ということは、4回往復すれば、5回目は同じお金を払って片道だけビジネスクラスでなんてことも可能になります。例えば年に1回、GWにヨーロッパを旅行する場合は、一番安い航空券をその時その時購入するのではなくて、一つの安めの航空会社を決めて、それより安い航空券があったとしても、数千円から1万円くらいの差であれば自分が決めた航空会社のチケットで飛んだほうが後々オイシイのではないか。一度片道だけビジネスクラスにアップグレードしたのですが、今まで自分がためてきたマイルでのアップグレードで、買ったチケットはディスカウントエコノミー。大枚はたいてビジネスクラスのチケットを買って乗ったら味わえないような得した〜気分を味わえました。

イギリスで日本とロンドンの往復チケットを買ったときは、ビックリしました。日本では安く買える大韓航空やアエロフロートのチケットより、安いチケットがありました。しかも、日本で買うと高い日系航空会社やKLMオランダ航空が安い。このときは一年オープンのチケットだったので、もともとの値段が高く、提携航空会社の少ないKLMオランダ航空は使いたくなかったのですが、お財布と相談して泣く泣くそれに決めました。海外に長期滞在する場合は、現地で安い航空会社と日本で安い航空会社を調べてマイルの獲得につなげることを考えると結構難しいな、と。こういう例外の買い物で中途半端なマイルでも、一応マイレージには加入することにしています。というのも、日本とヨーロッパを往復して12,000マイル程度を稼いであるのだから、その後ちょこちょこかせいで20,000マイルくらいになれば、ヨーロッパ旅行中に無料でヨーロッパ内往復航空券をもらい、一度の旅行で何都市か訪問できるかもしれないという期待があるからです。

また、そのKLMオランダ航空でロンドンのヒースロー航空に再入国したとき、到着ターミナルがターミナル4でした。何?と思うかもしれませんが、日本を出て、ヨーロッパやアジアのどこかで乗り継いでくると、圧倒的な確率でターミナル3に到着します。だから、ターミナル3の入国審査はいつも込んでいて、なかなか自分の番が来ないのです。ヨーロッパ到着は夕方近くになる便が多いので、自分もそうだったら、本当に時間がかかってしまいます。しかし、ターミナル4は発着する飛行機の便数が少なく、入国審査に時間がかかりませんでした。今までは飛行時間の長短は多少考慮に入れて航空会社を選んできました(例えば、ヨーロッパへいく場合、到着が翌早朝になる南回りには乗らないとか)が、入国審査にかかる時間や空港設備について考えさせられたのは今回が初めてでした。要は、旅行といっても、学生の長期バックぱっカー卒業旅行的なもの、社会人の短い休暇でいかに楽しむかという時間との戦い的なもの、出張などのビジネス旅行、自分の国から今住んでいる国に帰る旅行等、 旅行にも様々な種類があるということにも初めて注目しました。自分で計画を立てた楽しい休暇旅行なら何を選んでもOKという感じがしますが、現地で仕事をするとか、自分の国で休暇を過ごしたあと、自分の住んでる国に帰ってきて、そこでまた生活しなくてはならない等、現地でお楽しみが待っていない場合は特に入国審査に時間がかからないターミナルに着くかだとか、途中経由先の空港で免税でタバコが安く買える(ヨーロッパは免税でも高いので、韓国経由とかね)かだとか、飛行機の中のサービスがいいか、等を考えて航空会社を選んだ方が気持ちよく旅行できるのではないか?

「機内」で気になるのは、機内食、飲み物、機内エンターテイメント(音楽や映画)、座席の配置、座席の広さでしょう。飛行機の中で眠れる人はあまり気にしなくて済みますが、まったく眠れない人なら機内エンターテイメントが充実していないとツラいのではないか?例えば、ヴァージンアトランティック航空では、エコノミーなのに個人用モニタがあり、映画、ドラマ、ドキュメンタリー、テレビゲーム等様々な「おもちゃ」が選べ、自分の勝手な都合で一時停止や早送りまでできるようになっています。だったらその充実した機内エンターテイメントのために、1-2万余分に払ってその航空会社を選択してもソンはないのでは?また、飛行機の中では機内食なだけが楽しみだという人も結構いると思います。和食がいいのか、その航空会社の出身国の料理がいいのか、なんでもいいから回数が多いのがいいのか、いろいろあると思います。日本人向けにお米を使って日本風の味付けをして結構おいしい機内食を出す外国の航空会社もあります。私が乗ったヨーロッパ線の中では、ヴァージンアト ランティック航空とKLMオランダ航空でした。こういう所では日本茶も出てきます。また、お米はあまり好きじゃないけど、パンが大好きという人にはスカンジナビア航空がおすすめです。焼きたてのようなあったかいパンを2-3種類バスケットに入れて持ってきてくれます。(とり放題)大韓航空のビビンバもおいしいです。(お米好きじゃないとだめだけど)また、おいしいビールが飲めれば何もいらないタイプの人だったら、ビールがおいしい国の飛行機に乗れば、日本からヨーロッパへ向かう飛行機の中でさえ、その国のおいしいビールが飲めます。これは目的地がその航空会社の出身国でない場合はありがたいのでは?あと、アメニティについてはどこの航空会社でも大して変わらないと思うのですが、ヴァージンアトランティック航空ではエコノミーでも耳栓や歯ブラシが入ったものがもらえます。また、大韓航空ではたまーにトイレの中のキャビネットを開けると、使い捨てにするには勿体なくらいの質のいい歯ブラシが見つかることがあります。座席の配置もいろいろです。航空機オタ クでもない限り、飛行機のモデル名とその座席の配置状況を詳しく把握している人は少ないでしょうが、乗ったとき、あれ?っと思ったことありませんか?両端3人席で真ん中何人だっけ?こういうジャンボに良く乗っていたのに、両端2人、真ん中4人なんていう配置のもありました。2人で旅行するときは、こういう飛行機で窓側を指定すれば知らない人が隣にくることもないし、一人で旅行する場合も、両端2人席で窓側を指定すれば、隣に来る人も一人旅だからバカップルの騒音に腹が立つということもありません。(笑)また、座席の幅や高さもいろいろです。機内での自分の過ごし方を考えて航空会社を選んでもいいのでは?反対に、欲しかった安いチケットが買えなかった時、「機内サービスや座席の配置などを考えると、こっちの方がよかった」と思えれば、怒りもおさまるのでは?機内サービスなんかどうでもいいからもっと航空券を安くして欲しいとも思いますし、そう思っている人は結構多いとも思いますが、現実なかなかそうはいかないようですから、自分のスタイルにあった航空会社を選 んでみては? 私は個人的には結構眠れる人なので、隣近所にうるさい人達がいない席で、比較的おいしい機内食が食べられれば満足してしまいますが。

で、結局何を言いたいかというと、1万5千円くらいの幅であれば、自分のスタイルに合わせて航空会社を選んでみてはどうか?ということです。沢山の航空会社を使ったことがあるわけでもないし、最近使ったのと、10年前に使ったのではサービスも違えば印象も違うのですが、私の独断と偏見でまとめてみるとこんな感じになります。

【今まで使った航空会社】
サベナベルギー航空(1994年もうないね)  エコノミークラス
ノースウエスト航空(1995年)       エコノミークラス
英国航空(1995年)            エコノミー&ビジネスクラス
日本航空(1995年・2000年)        エコノミークラス
大韓航空(1996年・2000-02年)       エコノミー&ビジネスクラス 
アエロフロートロシア航空(1996年・2000年)エコノミークラス
アシアナ航空(2000年)          エコノミークラス
エアインディア航空(1997年)       エコノミークラス
アメリカン航空(2000年)         エコノミークラス
ユナイテッド航空(1999年)        エコノミークラス
スカンジナビア航空(2001年)       エコノミークラス
ブリティッシュミッドランド航空(2002年) エコノミークラス
KLMオランダ航空(2002年)         エコノミークラス
ヴァージンアトランティック航空(2003年) エコノミークラス


【フライトアテンダントの印象(人によるけどね)】
サベナベルギー航空           薄化粧でフレンドリー。
ノースウエスト航空           ごつい。
英国航空                フレンドリー。礼儀正しい。
日本航空                皆同じ顔。親切だけど機内食を配っている間に席を外したら、早速持ってきすぎてせわしなく動いてる感じ。
大韓航空                すごくきれい。親切。日本語もよくできたりする。
アエロフロートロシア航空        10年間と比べると多少フレンドリーになった感じ。
アシアナ航空              あまり覚えてない。
エアインディア航空           サリーを着てた。ごつかった。言い方が結構こわかった。
アメリカン航空             あまり覚えてない。
   ユナイテッド航空            あまり覚えてない。
スカンジナビア航空           あまり覚えてない。
ブリティッシュミッドランド航空     あまり覚えてない。
KLMオランダ航空            日本人フライトアテンダントで天国と地獄を見た。風邪をひいていたら、自腹でティッシュをくれた親切な人もいたが、勝手に引っ越してきた人を追い返してくれといったら、オランダ人フライトアテンダントをよこして日本人だから英語には弱いだろうとバカにされたうえに、腹が立ったので、またそいつを呼んで文句を言ったら、「え?私が言うんですか?」ときた。(じゃー誰が言うんだよ) 
ヴァージンアトランティック航空     フレンドリー。和気藹々とお仕事してる感じ。


【機内食】  
サベナベルギー航空        普通よりちょっとおいしかった。
ノースウエスト航空        あまりおいしくなかった。
英国航空             普通。
日本航空             あまりおいしくなかった。
大韓航空             ビビンバはおいしいけど、パスタはおいしくなかった。
アエロフロートロシア航空     普通。(でも10年前と比べたら頑張ってる)
アシアナ航空           普通。
エアインディア航空        カレーがおいしかった。
アメリカン航空          大盛りでおいしかった。特にデザートがおいしかった。
ユナイテッド航空         韓国に行ったとき乗って、軽食のパンがおいしくなかった。
スカンジナビア航空        普通。だけど焼きたてのようなパン取り放題のはおいしかった。
ブリティッシュミッドランド航空  普通。朝早く乗ったとき、朝食としてローストポテトのようなものと卵が出た。おいしかった。
KLMオランダ航空          照り焼き風等日本風の味付けが得意。スナックでアイスクリームとカップラーメンが選べたところがよかった。ビールおいしい。      ヴァージンアトランティック航空  日本風の味付けが得意で弁当もある。ベジタリアン用にカレーもある。ドレッシングがおいしかった。アイスも出た。ビールもなかなか。

【機内エンターテイメント(音楽はあまり聴かないので映画にしぼった)】
サベナベルギー航空        公共の画面で映画をやっていた。
ノースウエスト航空        寝てしまって覚えていない。
英国航空             寝てしまって覚えていない。
日本航空             寝てしまって覚えていない。
大韓航空             公共の画面で映画をやっていた。日本語・英語・韓国語が選べたと思う。
アエロフロートロシア航空     公共の画面で映画をやっていた。英語とロシア語のみだったような気がする。
アシアナ航空           友人としゃべっていたので覚えていない。
エアインディア航空        友人としゃべっていたので覚えていない。
アメリカン航空          寝てしまったり、隣人としゃべっていて覚えていない。
ユナイテッド航空         寝てしまって覚えていない。
スカンジナビア航空        公共の画面で映画をやっていた。言語選択は何ヶ国語が覚えていない。
ブリティッシュミッドランド航空  国内便で飛行時間が短かったのでなかったと思う。
KLMオランダ航空          公共の画面で映画をやっていた。日本語も選べたと思う。 
ヴァージンアトランティック航空  個人用モニタで映画・ドラマ・ドキュメンタリー等選択肢が多い。ゲームもできる。絶対退屈しない。

この先続けようか迷ったけれど、「寝てしまって覚えていない」が多いのでやめておきます。(苦笑)
旅行先で楽しいことが待っている場合は安くて乗り継ぎがスムーズなものを、自分の国や居住地へ帰る場合はどのターミナルに着くか、免税品を安く買える国を経由するか、直行便にするか等を考え、一人で行くときで眠れない人は機内エンターテインメントの充実度を考慮し、家族友達恋人等と旅行するときは、機内エンターテインメントより、飛行機の座席の配置や当日どの席をもらうかを考え、且つ数種類のマイレージが中途半端にたまらないよう、提携航空会社等を考えてひとつのマイレージサービスにできるだけ統一できるようにする、と。




HOMEへ戻る