遺跡めぐり--巨大貝塚の群れpart4 

千葉山・園生貝塚周辺を歩く

【日 時】 2001年5月13日(日)10:00-12:30 13:30-16:00
【コース】 
スポーツセンター駅(集合)→千葉山〔星宮塚→星宮塚古墳群(勝田田古墳群・千葉家旧墳墓群)〕→園生市民の森内古墳・遺跡→園生橋→勝田田遺跡→勝田田南遺跡→草野水路(渡戸)園生貝塚→穴川駅(解散)

   

4.園生貝塚

 園生貝塚の北西の対岸、字「勝田田」の台地(勝田田南遺跡)から見た字「長者山」=園生貝塚の台地。間の谷は園生町字「日堀」(もと陸軍の射撃場、現在住宅地)。「千葉山」は「長者山」と部分的に重なるようです。

 写真左、台地の際に湧水があり、比較的最近まで、「三角池」という池がありました。園生貝塚の縄文人にとっての貴重な水場であったでしょう。園生貝塚の北東(写真左の台地の向こう側)にこの水場に下りる通路状の地形があります。

 

草野水路から300mほど南に歩き、園生貝塚の台地西端に出ました。ここに切り通し状の登り口があります。園生貝塚から台地下の水場に降りる道は、前述の北東の道とこの西側の道との、二つしかないようです。この西の道は、草野水路=小中台川へ向かっており、縄文人は、どちらかというと、古稲毛湾へ漁に出かけるときなどに使ったかもしれません。

 園生貝塚は、この道の東側になりますが、西側にも縄文時代の遺跡があり、向原貝塚(向原遺跡)と呼ばれています。向原貝塚は縄文中期末葉の遺跡で、園生貝塚は縄文後期から形成されているので、向原遺跡の方がやや古い遺跡です。

 謎の遺構?園生貝塚への進入路両脇に土塁?

  園生貝塚は森の中にある貝塚です。森に一歩足を踏み入れると、土塁状の地形がいくつものこっているのに気づきます。以前より、謎の遺構として、いろいろな見解がありました。「長者山」という字名から「城館址の遺構ではないか」。「江戸時代の防火施設」、「佐倉藩の軍事演習の跡である」、等々。講師の先生によると、戦前の日本軍の射撃場の遺構だそうです。これほどよくのこっているのはめずらしく、戦争遺跡としても園生貝塚の一帯は貴重であるとのことです。

 森の中を進むと、開けた場所があり、千葉市教育委員会の説明板が設置されています。しかし現代のバカモノの痕が・・・

 この説明板の後ろの森の中で直径約130mの巨大な環状の貝塚が展開しています。貝層だけでなく、その周辺にもかなり広範囲に住居址など遺跡が分布していることが確認されています。この空間も集落の跡(の一部)です。集落跡・小貝塚は、さらに京葉道路・国道16号線を越えて広がっているでしょう。

 

 園生貝塚は、縄文後期堀の内式期から縄文晩期安行式期までに形成された環状貝塚です。縄文晩期まで存続した大貝塚は数少なく、その点でも、この園生貝塚の学術的価値は大です。標高は26m。シカ、イノシシ、サル、クロダイなどの獣骨・魚骨が出土。製塩土器が出土していることも注目されます。
 密林を進む探検隊・・・ちょっとした探検家気分です。足下には、貝殻が・・・森の中で海の貝とは!不思議な感じです。
 U字型に北方向に開口した貝層の東側の上に立っています。ここは縄文後期堀之内期に形成された貝層です。園生貝塚がつくられはじめた最初の頃にあたります。貝層は厚さ2mあるそうです。

 東側の貝層の上に祠(ほこら)があります。千葉大の神尾教授(故人)は、鉄塔付近からほぼ南北に一直線にトレンチを入れ、この祠で掘るのを止めたそうです。祠は一種の標識になっています。もっともこの祠は盗掘などの目的で下を掘るため、しばしば移動されたようです。

 

 東側の貝層。どんな種類の貝がらが捨てられているか?

 オキアサリが多いことが実感できました。オキアサリは園生貝塚をふくむ小中台川水系の貝塚を特徴づける貝です。これにたいして、貝塚町貝塚群(荒屋敷貝塚、草刈場貝塚など)や加曽利貝塚など葭川流域・都川流域の貝塚では、キサゴが主体をなしますが(小中台川水系でも多い)、次いでハマグリが多いのです。

 右の写真は、園生貝塚のオキアサリ。

 小中台川水系では、園生貝塚、高崎貝塚、東  ノ上西貝塚、犢橋貝塚、どの貝塚も、貝種組成は等質的だそうです。これにたいし都川流域の貝塚では、同じ水系の貝塚でも地域差があります。多部田貝塚や野呂山田貝塚など上流にある貝塚ほど、小型のハマグリが多くなり、ツメタガイ、バイ、カキ、シオフキ、オキアサリなど下流域で数の少ない貝の数が増すのです(園生貝塚研究会編『縄文人の海と貝塚』筑波書房など参照)。

 西側の貝層の上に<のぼる>。

 園生貝塚ほど、貝層部が盛り上がっていて、文字通り、貝「塚」であるとはっきり認識できる貝塚はすくないのではないでしょうか。加曾利貝塚や荒屋敷貝塚の貝層も盛り上がっていますが、べたっとしています。園生貝塚では、樹木がなければ、土手状にぐるっと環状に貝層がまわっている見事な様子が見渡せたでしょう。

 西側貝層の地表の様子。

 西側の貝層がつくられたのは、東側の貝層よりも新しく縄文後期から晩期にかけてです。貴重な学術資料の宝の山です。縄文時代の謎がここにひしめいています。

 1987年、貝層隣接地に建設された遊技施設の跡。

 国道16号線が目の前を通るところです。1989年から1995年にかけて部分的に千葉市教育委員会が調査しており、縄文時代の住居址や土坑等、遺構の存在が確認されています。大きな土器片なども出土したが、そのまま埋め戻したとのこと。しかし道路に接する側は宅地となるようで、盛土がなされていました。

 「穴川駅」のすぐわきに立つ「園生貝塚」の標柱。

 これほどの遺跡が史跡にも指定されないまま、駅前で、しかも高速道路のインターチェンジわきの市街地という環境の中で、山林として残っていることは奇跡です。代々園生貝塚=「長者山」を守ってきた「長者」である地主さんの高いご見識があったからこそでしょう。しかしそろそろ市民みんなで地域の文化遺産や自然環境をまもり、積極的にまちづくりに活かすことを考えるときが来ているのではないでしょうか。

 案内してくださった先生、ありがとうございました。

 
(主要参考文献)

園生貝塚研究会編『縄文人の海と貝塚』筑波書房、1995年。

園生貝塚研究会編『貝塚研究』各号、とくに1号(1996年)。(入手先→園生貝塚研究会

千葉市教育委員会『千葉市園生貝塚−−平成5年度・平成6年度調査報告書』1997年。

千葉市史編纂委員会『千葉市史 原始古代編』129-130頁。

千葉市史編纂委員会『千葉市史 資料編 原始古代編』

千葉市史編纂委員会『千葉市史 資料編 近世 8巻』千葉市、1997年、393-498頁。

千葉市史編纂委員会『千葉市図誌 下巻』千葉市、1993年。

安川辰蔵編『千葉家旧墳墓調査資料』千葉県立中央図書館蔵、1906年。

★園生貝塚に関する専門的な事柄は、

  園生貝塚研究会のホームページ 

  http://members.tripod.co.jp/kaizuka

をご参照ください。

△このページの最初へ

▲(1)千葉山と園生市民の森内古墳・遺跡へ

▲(2)勝田田南遺跡と草野水路へ

●メニューへ