遺跡めぐり
  2002年1月27日(日)

みつわ台周辺を歩く (工事中)

― 2.廿五里南・北貝塚と廿五里城 ―

 
 千葉市若葉区みつわ台の台地(東寺山台地)は、葭川(よしかわ)の一支流の流れる廿五里(つうへいじ)支谷に面しており、貝塚町貝塚群に次ぐ縄文大貝塚の密集地です。

 またこの付近一帯は、千葉市内屈指の中世城郭の密集地でもあります。廿五里支谷の東対岸には佐倉と千葉を結ぶ当時の主要街道(北年貢道)が通っており、小弓公方や里見など安房・上総勢の侵攻を押さえるための重要な地域であったと推測されます。

 

 ■コース(09:30-12:00

  千葉都市モノレールみつわ台駅(集合)→大塚古墳(駅前)→東寺山貝塚(みつわ台第一公園)→東寺山南貝塚→→廿五里支谷廿五里城跡(土塁)→廿五里南貝塚廿五里北貝塚廿五里南貝塚・廿五里城跡(殿山ガーデン)→(昼食)→神谷窯見学(神谷紀雄先生)→解散

   廿五里支谷から東寺山台地のくびれ部分に上がる途中です。写真左前方、モノレールがかすめている台地が廿五里城です。半島状に廿五里支谷に突き出ています。城の中心部分は現在、殿山ガーデンのある付近にあたります。遺構は林の中に比較的良好に残っています。廿五里南貝塚は廿五里城の中心部の範囲と重なりますが、もう少し画面左手前の位置になります。

 モノレールより南側=こちらは未調査のうちに地形が改変されたようです。写真右手前あたりに円墳(江戸向古墳)がありました。画面前方、廿五里支谷をへだてた約500mの距離のところに千葉佐倉間の街道「北年貢道」が通ります。

 廿五里城の台地の南西に突き出た部分は、モノレールの建設予定地にかかったため発掘調査され、削平されました。写真左前方、電柱より先のあたりです(東の方から西を見てます)。14世紀には墓域であり、その後土塁など城郭施設がつくられたようです。

 写真右手、歩道よりも一段高い林の中には今も廿五里城の遺構が眠っているのです。この通りを通る人は、一日に何千人何万人といるでしょうが、ここが城跡であることを何人の人が知っているでしょうか。

 ※写真は晴れた日の夕刻の写真です。

 廿五里城の虎口(こぐち=出入口)。右の土塁は写真でははっきりしませんが、左右を土塁で囲まれた通路のようになり、土橋状に城の中心部に伸びています。高さは土塁の外側よりは高くなっています。なおこのすぐ南の現在、モノレールの通りとなっている南西端(上の写真)には、調査報告書の図面によると、枡形虎口と思われる施設と腰曲輪があったようです。これらの虎口は廿五里城原城高品城と連絡する道(北年貢道の裏道?)と、廿五里城―江戸向―東寺山本郷浅間城・浜道館と連絡する道(「浜道」)の、ふたつの道に接続していました。
 写真は虎口(?)から主郭(=神谷窯?)方向を見たところ。神谷窯長屋門の地点が一番高く、虎口との間(写真では樹木の部分)が低くなっています。このほかにも、土塁により囲まれた堀(堀としてはかなり大きい)とも曲輪(曲輪としては低い)とも見える広い空間が作られています。専門家の判断を待ちたいところです。

 なおここは廿五里南貝塚の南部分にあたり、土塁は貝殻まじりの土で作られています。

 廿五里南貝塚の貝層西の部分。農園と宅地になっています。貝殻で畑の表面は真っ白です。廿五里南貝塚の環状の貝層の中心は、殿山ガーデン内の馬場にあたります。写真では、中心は右手の住宅街の向こう側の位置になります。一部ですが、昭和47年、千葉市立高校の宍倉昭一郎氏により発掘調査が行われました。平成9年には撮影地点の背後にあたる個所で、発掘調査が行われ、貝殻が投棄された住居址などが検出されています。
 寄せ集められてあった縄文土器片。これだけ多いと耕作もたいへんです。古墳時代の須恵器片や中世のものと思われる陶器片もあるようです。

 縄文人の土製ネックレス?

 土器片のかけら?と思ったら、かけらではありませんでした。小さいながらも単体で管状に焼き上げられたものです。(写真では左右に)穴が貫通していて、紐を通すことができます。ネックレスにする土製のビーズのようなものでしょうか?あるいは錘か何か?いったいなんでしょうか?(右のは大きさがわかるように置いたボールペンの先です。)

  廿五里南貝塚の北約100mのところに、廿五里北貝塚があります。廿五里北貝塚の南部分。畑は貝殻で白っぽく見えます。写真前方(南東)に小さな谷が入っていますが、この谷が廿五里の台地を南北に分けています。谷の向こう(写真では山林)側に殿山ガーデン、廿五里城主郭、廿五里南貝塚(写真でいうと左手前の方向)がある、という位置関係になります。この付近も廿五里城の城域内と思われます。
   廿五里北貝塚で突然、桶狭間の戦いを思わせる猛烈な暴風雨。廿五里城跡内にある殿山ガーデンに駆け込み、離れ座敷「田子作」の間に避難しました。予定時刻より早めですが、炉辺をかこんで昼食です。昼食を終えて外をみると、雨が上がっていました。
 殿山ガーデン内は、調査がなされていないので確実ではありませんが、土塁の跡、クランク状に屈曲をもつ空堀と思われる地形が残っています(右写真)。幅は20m以上あり、しかも二重に掘られています。土橋に対して横矢を利かしていると思われる地形も見えます。断定はできませんが、規模からみると戦国時代も終わりのころの城郭である可能性が強いでしょう。外山信司氏は、文献資料を検討のうえ、廿五里城こそ、最前線の高品城を後詰する城であり、佐倉千葉氏の臣大須賀氏が在番した「寺山城」であろう、と推定しています。 

 殿山ガーデンの離れのそばに残る土塁跡。向こう側には屈曲を持つ空堀状の地形があります。ただし意図的に埋め戻されたのか、あるいは自然に埋まったのか、堀としては浅いようです。
 南の縁に腰曲輪状の地形が作られています。そこに2基の塚が残っています(右の写真でわかるでしょうか?)。モノレール建設の際に、発掘されたものと同じ性格の、中世の塚墓ではないかと思われます。やはり常滑焼の大甕が埋まっているのでしょうか。モノレール部分の発掘調査では無量寿経の経文の書かれた墨書土器も出土しており、浄土教の埋葬儀式が行われたらしいことがわかっています。
 

 城の遺構をひととおり見終わった後、廿五里城跡のにおられる陶芸家、神谷紀雄先生の神谷窯をお訪ねしました。

 
 養老より移築したという長屋門の建物が神谷先生の作品の展示室になっています。味わいのあるすばらしい作品を拝見させていただきました。
 

 のぼり窯があります。参加者の多くははじめて実物を見たのではないでしょうか。

 案内の方にはいろいろな質問に答えていただきました。どうもありがとうございました。

 
 

 

 田子作の間にて昼食

長屋門
神谷先生の作品展示室

 陶器づくりの説明を受ける

 梅の香り漂う殿山ガーデンを後にし、解散しました。

 解散後の廿五里南貝塚南西部の畑。さきほどの暴風雨がウソのように青空が・・・貝殻が日の光で白く輝いていました。 

 ※yygucciさんとたかしpart3さんから提供してもらった写真を使用しています。ここにお礼を申し上げます。

 ※この遺跡めぐりについては、yygucciさんの以下のサイトもご覧ください。

  

 

(参考サイト)

園生貝塚研究会 on web

 「貝塚を訪ねて」のページ。東寺山貝塚と廿五里南・北貝塚が専門家の立場から取り上げられている。廿五里城についても北前原城と一連の城である可能性を指摘しており、注目される。

千葉県文化財センター 
 「千葉都市モノレール遺跡群」のページ。廿五里城南西端(現在モノレールの通り)で発掘された塚墓および墨書土器の写真が掲載されている。

 

 

  

(参考文献)

『千葉市史 原始古代中世編』千葉市 1974年  

『千葉市史 資料編1 原始古代中世』千葉市 1976年

『千葉都市モノレール関係埋蔵文化財発掘調査報告書』千葉県都市部モノレール建設課・千葉県文化財センター 1986年

鈴木文雄「廿五里地名考」『研究連絡誌』7・8合併号 千葉県文化財センター 1984年 

園生貝塚研究会『貝塚研究』6号 2001年。

外山信司「下総高品城と陸上交通」『千葉城郭研究』4号1996年27-46頁

飛田正美「廿五里遺跡」『平成9年度千葉市内遺跡調査報告書』千葉市文化財調査協会 1998年

(財)千葉県史料研究財団編『千葉県の歴史 資料編 考古1(旧石器・縄文時代)』2000年

 

 

△このページの最初へ

▲1.東寺山貝塚と廿五里支谷

●メニューへ