パレスチナ問題の歴史

last update : 9, July, 2002


パレスチナ問題年表
19 Century シオニズム(ユダヤ民族祖国再建運動)始まる。
1897 第一回シオニスト会議
1914 第一次世界大戦勃発。
1915 英国、アラブに対して「フサイン・マクマホン協定」結ぶ。
1916 英国、仏・露に対して「サイクス・ピコ協定」結ぶ。
1917 英国、ユダヤに対して「バルフォア宣言」を行う。
1920 サン・レモ講和会議。英国、パレスチナ委任統治権獲得。
パレスチナ・アラブの反英・反ユダヤ闘争起こる。
the end of 1930's 英国、アラブの弾圧と共にシオニストへの牽制策もとる。
ユダヤ人の英国への信頼失墜。
1939 第二次世界大戦勃発。
1945 アラブ連盟成立
第二次世界大戦終わる。
1947 国連、米ソの合意の元でパレスチナ分割案可決。
1948 英国のパレスチナ委任統治終わる。
イスラエル国家の独立宣言。
第一次中東戦争(パレスチナ戦争)勃発。
1949 第一次中東戦争停戦協定。
パレスチナ三分割。
1956 第二次中東戦争(スエズ戦争)勃発。
1964 第一回アラブ首脳国会議。
パレスチナ解放機構(PLO)結成。
1965 「ファタハ」、ゲリラ活動開始。
1967 第三次中東戦争(6月戦争/6日戦争)勃発。
ナセル大統領(エジプト)による汎アラブ民族主義失墜。
1968 アル・カラーメの戦い。
1969 アラファト、PLO議長に就任。
1973 第四次中東戦争勃発。
OAPEC、石油戦略を発動し石油危機起こる。
1974 アラファト、国連総会で演説。
1975 レバノン内戦起こる起こる。
1976 シリア軍の介入。タル・ザータルの虐殺起こる。
1977 サダト大統領(エジプト)、イスラエル訪問。
イスラエル、「リクード」が第一党に。ベギン内閣成立。
1978 米・カーター大統領、サダト大統領とベギン首相を招き会談。
(キャンプ・デービッド合意)
1980 イスラエル国会、東西エルサレム首都宣言可決。
1981 サダト大統領暗殺。
ファハド国王(サウジ)、八項目提案。
1982 イスラエル軍シナイ半島から完全撤退。レバノン侵入。
レバノンのパレスチナ難民キャンプで虐殺起こる。
PLO、ベイルート撤退。
1983 PLO、内部対立激化。
1987 PLO、再統一。
12月8日のガザ地区での交通事故をきっかけに全面的な
民衆蜂起(インティファーダ)へ発展。
1988 インティファーダを指導する「民族蜂起統合司令部」結成。
ヨルダン、西岸地区との関係を断絶すると宣言。
パレスチナ国民評議会(PNC)によるパレスチナ独立宣言。
アメリカ、PLOとの対話を正式に決定。
ハマス結成。
1990 パレスチナ人グループによるテロ未遂事件。
アメリカはこれを機にPLOとの対話停止発表。
「湾岸危機」始まる。
1991 「湾岸戦争」始まる。
ソ連解体。
マドリードで中東和平国際会議開かれる。
1992 イスラエル、労働党とメレツを中核としたラビン内閣誕生。
1993 米国、クリントン民主党政府発足。
イスラエルとPLO間で「オスロ合意」
ラビンとアラファト、ワシントンで「原則の宣言」に調印・握手。
1994 ラビンとアラファト、暫定自治合意(カイロ調定)に調印。
アラファト、ガザ入り。
イスラエル政府、入植地建設凍結を一部解除。
イスラエル・パレスチナ双方の過激派がこれらに反対、
テロや虐殺事件激化。
1995 「オスロ2」協定調印。
ラビン首相暗殺。
ペレス政権発足、「オスロ2」の実施を早める。
1996 「オスロ2」によりパレスチナ評議会とパレスチナ自治政府、
大統領選実施。アラファト当選。
イスラエル、「リクード」党首ネタニヤフが首相に選出。
入植地の拡張や新しい入植地の建設に対する制限廃止。
1997 イスラエルによる東エルサレム南部への大規模な入植地
「ハル・ホマ」建設工事開始。
国連総会は「ハル・ホマ」反対決議を二度採択するが
アメリカの拒否権発動により葬られる。
イスラエルとパレスチナの衝突、激化。
1999 イスラエル、バラク政権誕生。
「平和的手段によるイスラエル・アラブ紛争の解決」を訴える。
2000 クリントン大統領の仲介下、キャンプ・デービッドで
パレスチナの最終的地位に関する交渉行われるが決裂。
2001 イスラエル、「リクード」党首、シャロン首相に就任。

参考文献 パレスチナ・イスラエル
関連リンク
風刺漫画

絵本

掲示板
覚え書き

「サブラ、シャティーラの虐殺に関するアリエル・シャロン裁判に関する国連への嘆願書」
人道に対する罪に関するアリエル・シャロン裁判についての国際調査委員会へのメアリー・ロビンソン国連人権高等弁務官調査委員会委員長へのこの請願は、正義と平和グループにより作成され、Shapour Ghasemiにより起草されました。
この請願はwww.PetitionOnline.comで公務として主催されます。
署名をよろしくお願いいたします。

CNNのサイトに投票に行こう!
CNNではイスラエルに国際監視を送るべきかどうかの投票を行っています。



since Dec. 9, 2001



戻る「齋藤 猫之進 見参!」へ