フライト日  2000/7/20
出発地*1  Hillsboro,OR [HIO] 出発時刻*2  
到着地*1 (Kelso経由)Albany [S12] 到着時刻*2  
機種 Cessna 172P 登録番号 N571SP
乗員(名)  4

注1:空港略号コードの所をクリックすると、airnav.comの空港情報が参照できます
注2:出発/到着時刻はログブック上のエンジンタイムによるもので、地上滑走等の時間を含みます


 今日のフライトは定員いっぱいの4人乗りです。メンバーは私のほかライセンサー2人、それにSK教官です。今回わたしといっしょに渡米したOさんが初のオレゴン訪問のため、「1日でオレゴンハイライト」みたいなコースを考えました。しかもFly-Inで食事をするため、いったん北上してから南下する変則ルート…天気も良く、エアショウ開催を明日に控えた空港はどことなく浮かれ気分。
 最初に操縦するOさんが「プリフライト・チェック」をしています。まずフラップを降ろし、道さ確認と共に出発準備中であることが周囲に分かるようにします。そして機体左側から後部に回り、胴体や翼に損傷がないか、また可動部分がスムーズに動くか、無線アンテナの取りつけなどを確認します。翼の下には燃料チェックの孔があり、燃料を少し抜いて異物や水分の混入がないか、チェックします。前方に回ると、燃料タンクの蓋をあけて(セスナの燃料タンクは翼にあり、蓋は翼の上にあります)残量をゲージと目視と両方で確認します。あとはエンジンオイルの量と汚れ、プロペラ、脚、タイヤなどを確認します。今日も問題ないようです。では出発〜♪
  離陸すると、空港の隅っこに留まっている濃紺の機体が目につきました。米海軍アクロバットチーム、Blue Angelsの機体です。その他にも何機か、明日に備えもう飛来しているようです。今日はこのあと空港は一時閉鎖、エアショウへの飛来機以外の離発着はできなくなります。もし早く帰って来てしまっても、他の空港に行かなければなりません。
 離陸して右ターン。割と近くの空港ケルソ(Kelso[KLS])までひとっとびして給油。目の醒めるような鮮やかな色の複葉機が先客にいました。晴れた日、こういう機体を見ると本当にアメリカだなぁって思います。給油だけ済ませたらさっさと離陸します。通過した空港はスカプース(Scappoose,[SPB])です。ここは、ヒルズボローからタッチアンドゴーの訓練などでしばしば飛来する空港です。
 反転南下し、目的地のアルバニー(Albany)を目指します。なぜかと言うと、ここの空港には誘導路から直ぐのところに中華料理店があり、FLY-IN RESTAURANTとしてけっこう有名らしいのです。せっかくオレゴンに来たのだから、そう言うのも楽しそう…と言うわけで、機は南へ。出発したヒルズボローの上空を通って行くような感じです。ところで、左の写真、飛行機がどちらに向かって飛んでいるかお分かりですか(^^) 上から眺めた空港はセーラム(Salem)という町の空港(MCNARY[SLE])です。アルバニーの空港はI-5フリーウエイのすぐ横にあります。さぁてメシだメシだ〜!
 
 ランチ。何種類かあるセットの中から選んだ「エビのフライと何か」。アメリカの中華料理店すべてなのかなぁ?大味で、最後はちょっと飽きてしまいました。食後には「Fortune Cokkie」が出されます。焼き上げたお菓子なのですが、中に「おみくじ」のような細長い紙切れが入っています。書いてある文句もおみくじそっくり。「あなたは他人を幸せにします」とか短いフレーズ。お腹もいっぱいになったところで、再度出発。