クロカン日誌


フライト日 2000/8/18
出発地*1 [HIO] Hillsboro 出発時刻*2 11:00
到着地*1 [OMK] Omak, WA 到着時刻*2 13:36
機種 Cessna 152 登録番号 N64895
定員(名) 乗員(名)

注1:空港略号コードの所をクリックすると、airnav.comの空港情報が参照できます
注2:出発/到着時刻はログブック上のエンジンタイムによるもので、地上滑走等の時間を含みます


 今日は今回の訪問最後の日。教官の紹介で、リックというアメリカ人ライセンサーとクロスカントリーとなりました。
機種は、ここのところ乗っているセスナ172ではなく、最初の訓練の時にお世話になったセスナ152。今日借りる
機体はいちおうIFR装備機ですが、ちゃんと外を見て飛んで行きます(笑)。待ち合わせに行き違いがあったりして
1時間ほど遅れ、11:00に出発。

 初対面なので、フライトしながらいろいろ話をします。何度にも分けて渡米しライセンスを取った話など、普通に
現地で暮らしている人には考えられないのでしょう、コストに関する話などもしました。リックもちょうど私と同様、
IFRのライセンス訓練中とのことでしたが、途中の通過ポイントから風の計算、進路の補正などの計算がとても
慣れていて早く、私は自分の勉強不足を左席で恥じました。せめて進路や高度はピタッと合わせて飛ばすよう
にしよう…ただ漫然と飛ぶのではなく、右席の人の考え方やチェックのしかたを観察することで得るものがある
ものですね。

 ところで、今日の目的地はOmak(OMK)という町です。どこそれ?ワシントン州シアトルの北東です。カナダもそう
遠くないところ。なんでそんなところに?リックと話してわかったのですが、ここには彼の妹夫婦が住んでいると。
そして、彼は姪っ子に誕生祝いだか何だか、プレゼントを持って行きたかったところなのだと。それでクロスカント
リーフライトかぁ。かっちょいー!私自身は、こういう機会でもない限り間違いなく行きそうにない所であり、特に異
存はありませんでした。

 フライトルートは、ポートランドからコロンビア川沿いに東へ、その後北へ変針してYakima(YKM)を通り、Ellensburg
(ELN)、Wenatchee(EAT)を経てコロンビア川に沿うように北上、Okanoganを過ぎてOmakへ。片道250NM(約460km)
近いロングフライトです。考えてみれば、セスナ152に乗るのはほぼ2年ぶり、152でこんな長時間(長距離)を乗るの
は初めてです。幸いトラブルもなく、約2時間半で到着。最後は機体の操縦感覚の違い(152は軽い!)から引き起こし
を誤り、1回バウンド…ううう。(T_T)



 現地では、リックの妹夫婦一家の家に招かれ、ランチをご馳走になりました。とてもおいしくガツガツ食べたらとても
喜ばれました。それにしても2人の姪っ子の可愛かったこと。「お人形さんのような」という陳腐な形容詞しか思い浮か
ばなかったのですが。リックのプレゼントはペーパークラフトの飛行機とあと何かでした。彼女らはさっそく作ったものの
うまく飛ばず、私が少し羽とプロペラの調整をしてうまく飛ぶようになりました。めでたしめでたし。妹のご主人は州立
高校の先生で、異動があって一家でこの町に来たとのこと。でも結構気に入った生活のようでした。

 楽しい滞在でしたが、また延々と帰らなければなりません。3時間ほどお邪魔した家を後に、空港まで送ってもらいます。
記念写真を撮ったのち、一家に見送られながら離陸。来たときと同じルートを戻ります。これでもし風が強くなっていたりし
たら?と心配したのですが、幸いにも風はほとんどなく、来た時より少し多い所要時間で無事に帰着しました。帰着したの
は8時前でしたが、この時期の日は長いためナイトフライトという感じにはなりませんでした。燃料を補給し、レンタル料を機
内の某所に隠して終了。

 帰り道、リックお勧めのバーガーレストランで夕食、本日のお礼を兼ねてご馳走しました。確かにおいしいバーガーでした。
駐車場で別れ、宿に戻ってビールを飲みながら帰国の支度をしました。