ヴィシュヌの奥さん・ラクシュミー。

図のように、象が水をかけているのは「ガジャ・ラクシュミー」と呼ばれています。

ラクシュミーは美と幸運の女神です。

ローマ神話のアフロディーナのように、海の泡から生まれたとされています。

乳海攪拌のときヴィシュヌと出会い、そのまま電撃結婚しました。