番町皿屋敷「お菊の皿」


彦根伊井藩士、孕石(はらみいし)家の世継、政之進と侍女お菊は相思相愛の仲だったが、政之進には亡き親の取り決めた許婚がいた。お菊は思案のあげく、政之進の本心を確かめようと、家宝の皿十枚のうち一枚を故意に割ってしまった。誠意を疑われ、憤慨した政之進は、お菊の面前で残り九枚の皿を打ち割り、お菊を手打ちにしたという。
この皿は初代藩主、伊井直政が関が原の戦いの功により、徳川家康から拝領した中国古来の白磁の皿で、悲運の死を遂げたお菊の供養のために、お菊の母が寺に奉納したもの。現在は六枚だけが残る。


滋賀県・長久寺所蔵