●〜*

タイ国鉄友の会>車両部>ディーゼルカー課>APN.20系

*〜●


トップへ戻る
車両部トップへ戻る

 

蒸気機関車課
 戦前の蒸機(C56)
 蒸機(パシ824)
 蒸機(パシ850)
 蒸機(ミカド)
 蒸機(7番/060)
 蒸機(32番/040)
 蒸機(MRC)

 

ディーゼル機関車課
 HID型(日本製)
 
GEA型(米国製)
 
ALS系(欧州製)
 
GE型(米国製)
 
KP型(独逸製)
 
HE型(独逸製)
 HI型(日本製)
 DA.500型(米国製)

 

ディーゼルカー課
 キハ58系(JR西)
 
THN系(日本製)
 
APN系(韓国製)
 
ASR型(英国製)
 
RHN系(日本製)

 

客車課
 12系客車
 

特殊車両課
 救援車
 
ブレーキ車
 
装甲車

 

その他の便利
 LINK
 
タイ国鉄BBS
 
M@il me!

 


トップへ戻る
車両部トップへ戻る

 

 

 

 

 


 ▲APN.20型ディーゼルカー

  APN.20系はASR型ディーゼルカーの後継車両である。ASR型と同じ運用をするために可能な部分だけはコピーしている。例えばエンジンは全く同じカミンズのNTA855-R1である。トランスミッションまでも同じとくると製造を担当した韓国の大宇(デーウー)というメーカーの方針というものを疑いたくなる。つまりモラルというものを疑いたくなるということだ。戦前、日本も機関車のコピー(というか技術の差があってやりきれない部分もあったは)をずいぶんしたが、最終的にC53というコピーを越える機関車を作り上げた。果たして韓国にそれができるのか今後注目していきたい。というのもこのメーカーは以前、日本の某メーカーが設計したタイ国鉄の寝台車の製造の下請けをしていたところ、その下請け車両のコピー製品をクライアントを無視してタイ国鉄へ売り込んで納入した事件を起こしているからだ。

  ちょっとそれはないだろうと思う。それがビジネスの世界というものだろうか? ともかく、APN.20系はASR型と比べるとすべての質は別物である。なお、APN.20系の車両価格も1両あたり約26,000,000バーツとASR型のそれのコピーになっている。

  この二つの車両も重量だけは異なるようだ。APN.20系はASR型より1t近く重くなっている。



APN型ディーゼルカーのDATA

形式

製造所

車両番号

製造年

APN.20型

大宇(韓国)

2521〜28番 

1995年

APN.60APD型

大宇(韓国)

2525〜44番 

1996年

APN.60ANT型

大宇(韓国)

1101〜40番

1996年



Copyright (c) 2001 by Hiro Takaku. All rights reserved.