●〜*

タイ国鉄友の会>車両部>ディーゼル機関車課>HID型機関車

*〜●


トップへ戻る
車両部トップへ戻る

 

蒸気機関車課
 戦前の蒸機(C56)
 蒸機(パシ824)
 蒸機(パシ850)
 蒸機(ミカド)
 蒸機(7番/060)
 蒸機(32番/040)
 蒸機(MRC)

 

ディーゼル機関車課
 HID型(日本製)
 
GEA型(米国製)
 
ALS系(欧州製)
 
GE型(米国製)
 
KP型(独逸製)
 
HE型(独逸製)
 HI型(日本製)
 DA.500型(米国製)

 

ディーゼルカー課
 キハ58系(JR西)
 
THN系(日本製)
 
APN系(韓国製)
 
ASR型(英国製)
 
RHN系(日本製)

 

客車課
 12系客車
 

特殊車両課
 救援車
 
ブレーキ車
 
装甲車

 

その他の便利
 LINK
 
タイ国鉄BBS
 
M@il me!

 


トップへ戻る
車両部トップへ戻る

 

 

 

 

 


 ▲HID型機関車(日立製)はタイ国鉄ではマンモス機である

  タイ国鉄の機関車は周辺国家のモノと比べて大変大型である。日本のJRFのDF200と比べても遜色がないほどである。もちろん、日本の1064mmのゲージ幅に対してタイの1000mmでは車両限界が異なるので、機関車の高さは劣るが全長に対してはそう負けるこのではない。その様子を見ているとかつて狭軌の雄と例えられた 日本の鉄道の姿とオヴァーラップする。なお、HID型の全長19900mmとはタイ国鉄内では最大となっている。

  このHID型機関車はタイ国鉄では巨大なマンモス機となっている。この後にに納入されたた米国製のGEA型機関車と共に、優良列車を牽引する「タイ国鉄の顔」となってもう長い。

  タイ国鉄では旅客と貨物の牽引機は全く差がない。旅客では客車自信が発電することが前提になっているからである。

  HID型機関車はGEA型機関車とは異なり、首都圏以外(例えばハッヂャイ)にも配置されている。

 

HID型ディーゼル機関車のDATA

形式

製造所

車両番号

製造年

HID型

日立(日本)

4501〜22番 

1993年

全幅

全高

全長

車軸配置

2780mm

3870mm

19900mm

CC

重量

エンジン

方式

旋回半径

90000KG
 

KTTA50-L
(カミングス)

電気式
 

122M
 



Copyright (c) 2001 by Hiro Takaku. All rights reserved.