●〜*

タイ国鉄友の会>車両部>蒸気機関車課>RSR32番

*〜●


トップへ戻る
車両部トップへ戻る

 

蒸気機関車課
 戦前の蒸機(C56)
 蒸機(パシ824)
 蒸機(パシ850)
 蒸機(ミカド)
 蒸機(7番/060)
 蒸機(32番/040)
 蒸機(MRC)
 ガーラット

 

その他の便利
 LINK
 
タイ国鉄BBS
 
M@il me!

 


トップへ戻る
車両部トップへ戻る

 

 


 ▲スゥンニーン線を走った協三工業製RSR32番(0-4-0)

  日本の協三工業社製のナローゲージ用の蒸機。同型が3両(RSR31〜33)ほどタイへ渡ったことまでは確認できている。この蒸機はタイ国鉄本線を走ることはなくナコーン・ラチャシーマー〜スゥンニーン村までの森林鉄道を走行していた。

  この蒸機は通称スゥンニーン線と呼ばれる狭軌鉄道では3世代目の蒸機にあたる。1世代目は蒸機としての格の乏しい1913年製であった(RSR1〜2番)。2世代目は動態保存にまで格上げされ、ゲージ幅を1000MまであげられたRSR7番などのモデルである(RSR7番たちは中古でタイへ売却されたらしい。RSR3〜9番)。

  現在ではRSR31がチエンマン駅前、RSR32がハッヂャイ駅前、RSR33がタイ鉄道博物館内で保存されている。

 

RSR32のDATA

製造所/協三工業社(日本)
製造年/1949年
メーカー番号/6072
運用期間/1950〜65
車輪配置/0-4-0




Copyright (c) 2001 by Hiro Takaku. All rights reserved.