交代寄合竹中氏
高5,000石
(江戸初期〜慶応4年2月)
采地
拝領高
美濃国美濃国合計5,000
不破郡不破郡合計5,000
岩手村(陣)
関ヶ原村
玉村
山中村
藤下村
1,891
1,904
595
360
250
合計5,000
旗本竹中氏(重之系)
高1,000石
(寛文4年〜明治元年)
采地
拝領高
河内国河内国合計1,000.000
大県郡大県郡合計670.000
雁多尾畑村内
峠村内
633.727
36.273
安宿部郡安宿部郡合計330.000
玉手村
330.000
合計1,000.000
1)(陣):陣屋所在地
2)斎藤道三の時代から岩手辺りを領し、竹中半兵衛の子重門の代には、東軍が領知関ヶ原で勝利を収めたところから1,000石を恩賜された。寛永2年(1625)の朱印で6,000石を知行する。寛文4年(1664)重門の孫重高の代に弟の重之に河内国内の領知1,000石を分知し、5,000石となる。

back