今月のお題
《2001年6月・80’S洋楽編》
これは あっけまぐが毎月(の予定(^m^))
あるひとつの事やら物やらをテーマに
自分たちの思い出や 感想なんかを書くコーナーです
★バックナンバー★
◆2001/6 ◆2000/12◆

トップページに戻るトップページに戻る

まぐっち あっけさん◆外タレ・ライブのチケット◆
いっきりハマったCultureClub。←のLIVEは大感動で、ついで(?)に見たスタカンもかなり良かった。いい思い出だわ。個人的には売れに売れまくった『Colour By Numbers』よりも『From Luxury To Heartache』という最後のアルバムが好きなのです。機会があれば皆さんにも是非聞いてもらいたい!

張って3列目なんか取っちゃったわ。当時、『Everytime You Go Away』でノリノリだったPaul Young。今も歌ってるのかな?R&B色濃いミュージシャンだったよね〜。

もなお現役で大活躍中のBON・JOVI。このライブも結構いい席だったハズ…。でもこの時はあまり爆発的な人気はなかったなぁ〜。かなり盛り上がったけどね。この日本ツアーの後、『Livin' on a prayer』で大ブレイクしたんだった。

ゃ〜デュランよ!デュラン!もうこれも相当頑張ってチケット取ったの!でも後ろから2列目だった。ガーン。私はCulture派だったけど、もちろんデュランもよく聞いてました。『Reflex』『Wild Boys』と数々のヒット曲が想い出されるけど、時々無性に聞きたくなるのは、このツアータイトルが歌詞に入ってる『Skin Trade』なのです。今も頑張ってるのかな?
80's…◆
あっけさんあ、ABBAの「Gimme×3」ってそんな歌だったのかい。(←恥)そんでもって男がカバーしたのか?!確かにホ●系アーティストはソウルフルなんだよねぇ、不思議と。↑の男性お二人さん、何か意味深〜〜。はっぱ隊ってダンス★マン作曲だからねぇ、自然と似てしまったのかもしれないね。でも言われてみるとププ…似てる。
80'sに関してはとてもこのページだけでは語れませんなぁ〜。ご要望があれば、また次回にでも!(あるかしら?)
まぐっちカルチャークラブはおいらも"Luxury heart to ache"は好きだったなぁ イレイジャーは"The innocents"っていうアルバムが好き 何で ホ●のひとって なんというかソウルフルな歌い方をするんだろうと思いつつ でもって なんで ポップな曲が多いんだろうと思いつつ でも 聴いていて 何か 歌いたくなる曲が多かったねぇ♪

トップページに戻るトップページに戻る