RBT828(予定) Myitnge Workshop 13/4/30

RBT828(予定) 伊勢鉄道イセI型イセ1
配置: Myitnge Carriage and Wagon Workshop
運用区間:放置
確認日:13/4/30、14/3/2

 1987年の伊勢鉄道開業時に3両用意された中央運転台のイセI型。
 その中でイセ1は一番調子の良い車両だったが、検査周期の都合で最初に廃車となる運命だった。
 イセIII型イセ101の営業開始に伴い、2003年2月7日の運用を最後に引退。2月28日廃車。

 イセI型3両は解体の危機を乗り越えてミャンマーへ輸出され、イセ2→RBE2510 イセ3→RBE2511となったが、
 イセ1は輸出前からマスコン・ブレーキ弁・運転台パネル・変速機等が撤去された状態だった為、ミャンマーではRBEになれなかった。
 調子の良いエンジンは予備品として他車で役に立っているはずである。(変速機も、その後イセ4に積まれて輸出。)

 RBT828としてRBE2510・2511・3604(キハ58 1044)に挟まれてYangon Circular Rail Lineで運用予定だったが、実現せず。
 車体には車番が入れられておらず、現在はDRC(Insein)から遠く離れたミンゲ工場まで回送されて眠っている。


玉垣機関区 01/11/27  玉垣機関区 01/11/27

113C イセ1 南四日市〜河原田 02/8/26   113C イセ1 南四日市〜河原田 02/8/26

廃車後は材料線に留置された。 玉垣 04/2/20  廃車後はマルタイ等と共に材料線に留置されたが、
  エンジンは時々かけて維持されていた。
  玉垣 04/2/20

夕日を浴びるイセ1 隣にイセ3が加わっている。 04/12/25  夕日を浴びるイセ1 隣にイセ3が加わっている。 04/12/25

名四国道を走るイセ1 05/4/17  名四国道を走るイセ1 05/4/17

名四国道を走るイセ1 05/4/  名四国道を走るイセ1 05/4/17

名四国道から右折するイセ1 05/4/17  名四国道から右折するイセ1 05/4/17

夜明けを待つイセI型とDD51823 05/4/17  夜明けを待つイセI型とDD51823 05/4/17

岸壁へ移動を開始するイセI型 05/4/17  岸壁へ移動を開始するイセI型 05/4/17

クレーン作業中のイセ1 05/4/17  クレーン作業中のイセ1 05/4/17

船積みを待つイセI型 05/4/23  船積みを待つイセI型 05/4/23

RBT828(予定) Myitnge Workshop
13/4/30  RBT828(予定) Myitnge Carriage and Wagon Workshop 13/4/30

イセ1の座席 玉垣機関区 13/6/23  イセ1の座席 玉垣機関区 13/6/23

イセ1の座席 玉垣機関区 14/2/6  イセ1の座席 玉垣機関区 14/2/6

RBT828(予定)  Myitnge Carriage and Wagon Workshop
14/3/2  RBT828(予定) Myitnge Carriage and Wagon Workshop 14/3/2
  左は、2013年雨季以降にDRCから回送されてきたRBE3607(キハ58 1041)。

本物のRBT828 DRC 14/3/4  イセ1の予定が頓挫した後に製造された、本物のRBT828。
  14/3/4にDRCで修理待ち車両になっているのを発見。



RBE一覧へ戻る

トップページへ戻る