四国うどん食いの旅
デジカメの旅A


八栗駅は牟礼町。
ここは石の町なのだ。
石に囲まれて作業する
おじさんを発見。
これ、これ。
石の町。牟礼。
東京にも三鷹に牟礼って
あるけどなんか関係あるの
かな。
さすが石の町。
時計もポストも石作り。
これがうどん本陣「山田家」
の外観。会社の同僚Fussyが
高校生のころよく通ったという。
もちろん彼女のおすすめによって
ここまで来たわけだ。郊外の丘の
上にある。
まずはつけめん冷やの
うどんである。もちもち
うどん。油粕がまたうまい。
でもさ、1人客だからって
一番奥のせまーい席に通
すことねーじゃんかよー。
もういっぱい食べる。
Fussyおすすめの「ぶっかけ」
270円だべ、これ。
もーだし汁がうまい。こんなに
だし汁がうまいうどん食ったこと
ない。村上春樹のエッセイで香川
県人は朝からうどん食ってるみた
いなこと書いてあったけど、うなづ
けるね、これなら。目が覚めるね。
お店の前で一枚。
店員に東京からうどん食いに来たんだ
って言ったら「よくいらっしゃいますよ」だって。
違うんだよ。こっちは旅情たっぷりでそんなこと
言ってるんだから「ようこそ、お越しくださいました」
とか、お世辞でも「遠いところから・・・」なんて言って
くれればいいのに。試しに2人話かけたけど同じ
答えでがっくり。そりゃ遠方からのお客さんも多い
でしょうね、だってうまいんだもん、うどん。