■中国統計リンク集■

主に中国の公式統計を入手できるサイトを掲載しています。

リンク切れには細心の注意を図っておりますが、
万一閲覧できないページがありましたらご一報頂ければ幸いです。

(更新:2002年5月19日)
No. サイト名とリンク 運営組織 コメント 中国語 日本語 英語
1 中国網 国務院新聞弁公室 中国政府の公式広報担当部門によるポータル。日本語版の「中国・事実と数字2001」に概要を示す各種統計あり。
2 国家統計局 国家統計局 中国の統計といえばこちら。「統計鍵接(統計リンク)」から各地方政府の統計局に行ける。   
3 中国経済信息網 国家信息中心 国家発展計画委員会傘下の部門が運営する経済情報ポータル。「中経数据(中国経済データ)」の中に「免費欄目(無料コーナー)」あり。  
4 信息産業部 信息産業部 情報通信行政とIT産業を統括・指導する信息産業部のサイト。「統計信息(統計情報)」に所轄分野に関する統計あり。    
5 中国互聯網絡信息中心 中国互聯網絡信息中心 「中国インターネット情報センター(CNNIC)」が運営。日本の「JPNIC」と同様に世界のNICの一員だが中国は信息産業部と科学院の指導下にある準国家機関。「発展状況統計」、「発展年鑑」など中国のインターネットを知るには便利。  
6 中国価格信息網 国家価格監測中心 国家発展計画委員会傘下の部門が運営する物価情報サイト。商品別、地方別に消費者物価を調べられる。
   
7 中国旅游網 国家旅游局 観光局にあたる「旅游局」の旅行ポータル。「旅行経済研究」や「資料庫」に中国の観光業に関する統計あり。    
8 教育部 教育部 教育行政を担う「教育部」のサイト。「統計信息(統計情報)」に分野別の統計と各種報告あり。リンク先の「中国教育信息網」も参考になる。    
9 中国人口 国家計画生育委員会 中国の人口問題を経済、社会、資源、環境などの観点から捉えた報告などがある。上位サイトの「中国人口与計画生育」には英語版もあり。  
10 中国農業信息網 農業部 農業部公式サイト。「服務版」の「分析予測」へ行くと農産品の「進出口(輸出)」統計ページにたどりつく。国内生産高は見あたらない。  
11 対外経済貿易合作部 対外経済貿易合作部 左下の方に「中国対外経済貿易統計数据」あり。  
12 国家広播電影電視総局 国家広播電影電視総局 ラジオ・映画・テレビ監督部門のサイト。統計は見あたらないが、「行政管理」に放映許可・不許可リストあり。大衆向けは「広電在線」。    
13 機経網 中国機械工業聯合会 旧「国家機械工業局」のサイト。「統計」に業種別統計検索ページがあるが有料。リンク先に統計の断片を見られる場合がある。ちなみに旧「国家軽工業局」の「中国軽工業信息網」の「軽工統計」はほとんどが作成中で使い物にならないが、右にある各業界団体のリンク一覧は便利。    
14 衛生部 衛生部 日本で言う「厚生省」のサイト。「統計信息中心」に各種統計があるがやや古いか。リンクもあまり役に立ちそうにない。    
15 新華網 新華通訊社 国営「新華社」のニュースサイト。中国語版では「IT」分野の独立コーナーがあるが、日本語版には無し。
16 人民網 人民日報社 「人民日報」のオンライン版ニュースサイト。
以下は日本の企業・団体が運営しているサイトです。
17 中国ビジネス情報センター (株)日本能率協会総合研究所 有料(年間12万円)で中国の主要13紙の記事を日本語化して会員企業向けに毎日メール配送するサービスがメイン。各種調査の代行もしている。    
18 中国情報頁 日本貿易振興会 JETROの中国情報専門ページ。紹介している出版物やリンクも役に立つ。    
19 日中経済協会 (財)日中経済協会 「各種データ・情報」に統計あり。    
20 中国情報局 (株)サーチナ 芸能から経済まで幅広い中国情報をカバーするポータルサイト。「中国企業網」では中国全上場企業の概要を検索できるが、詳細情報は有料。しかし驚くべき会社です。    
ALA!中国 不明 「統計リンク集」に掲載するには不適切かと思いましたが、怒濤のリンク数を誇り、中国に関する多岐にわたる情報を得られる便利なサイトなので番外として掲載しました。  
以下は中国に関する年鑑・総覧を日本国内で刊行している団体のサイトです。
21 (社)中国研究所 (社)中国研究所 1955年以来毎年『中国年鑑』を刊行している団体のサイト。東京都文京区に附属図書館も持っている。『中国年鑑2002』は2002年7月刊行予定。    
22 (財)霞山会 (財)霞山会 1898(明治31)年発足の「東亜同文会」を前身とする団体。『中国総覧』は隔年の刊行で現在の最新版は2000年版。2002年版の出版が待たれる。「東亜学院」の名で中国語の教育もしている。