■おちゃっぴぃ■ > □里浦周遊□ > ★北浦の虫送り★ > ☆日置町史☆

里浦周遊

(2004/07/30 2004/10/06Last Update)

北浦の虫送り

□ 市町村史

■ 『日置町史』(1983年)第七編:日置の民俗 第二章:信仰の伝承 第二節:農耕儀礼 サバー送り

虫送り、さばえ送り、サバーさまなどといわれるこの行事は、田植後の土用中におこなわれる習俗のひとつである。農作物につく害虫の侵入を防いだり、疫病退散のために全国的に行われていたが、大正十四年の『防長新聞』には「サバア送りの奇習」として当町で行われているサバーさまを「随分馬鹿気た奇習といふべし」と言っている。当時、県内でも虫送り行事が廃絶していたのであろう。
当町のサバー送りは長門市の飯山八幡宮で作られた二体の藁人形が、長門市の境川と当町の長崎との境界まで、鉦・太鼓・法螺貝で囃しながら運ばれてきたところからはじまる。
藁人形は「サバーさま」と「サネモリさま」の二体である。二体とも、これも藁で作った馬にまたがっている。和紙に墨で書かれたいかめしい顔、奉書紙で作った兜の正面には一〇(一に一つ星)がつけられている。それに和紙で作った陣羽織、三五センチメートル程度の木の枝の太刀を腰におびた騎馬武者が「サバーさま」と「サネモリさま」である。サバーさまは稲につく害虫を神格化したものであり、サネモリさまは稲株につまずいて死に、虫になったという伝説をもつ斉藤実盛である。
藁人形二体のほかに紙の幟三流がある。幟にはそれぞれ、
一、定其禁圧之法 一、為払禽獣昆虫之災
一天津祝詞乃太祝詞言
と墨書されている。
日置町長崎についたサバーさま一行は夫婦岩の所に一休みする。ここからはサバーさまを置く場所が毎年きまっている。サバーさまを運ぶのは子ども達が主体である。長崎夫婦岩から運ばれたサバーさまは黄波戸の末石、厳島社、黄波戸峠佐藤地、矢ヶ浦入口、公会堂、二位浜入口、古市墓場、一円橋たもと、向田三叉路、垰山井堀の入口、稲石へと運ばれる。
昭和五十三年に長門市が調査した時には、六月三十日に長崎へ着き、七月四日黄波戸、七月九日古市、七月十三日一円であった。一円橋のたもと付近に放置されたサバーさまはかなり痛々しい格好であった。サバーさまを運ぶ子どもたちの囃しは、「サバーさまオークレ、サネモリさまオートモヨ」であるが、昔は「サバサ陣立、サネモリ様御供」であったという。サバーさまを所定の位置に置くと子どもたちは逃げ帰る。サバーさまを置かれた部落では、次の場所へ早く順送りしないと、サバーさまとサネモリさまについている害虫が災いを及ぼすという。こうして運ばれたサバーさまは海へ流されるというが、最終地点がどこなのか確認されていない。伝承では豊浦郡との境界といわれいている。
当頁TOPへ

北浦の虫送りTOPへ戻る → サバー送り

■おちゃっぴぃ■ > □里浦周遊□