【常陸と藤原氏】−聖徳太子への繋がり−

常陸には、最高神として鹿島の神「武甕槌神(タケミカヅチ)」が祀られています。
この神は藤原氏の祭神であり、奈良の春日大社に筆頭の神として祀られています。

では、常陸と藤原氏にはどのような関係があったのでしょう。

『大鏡』及び『多武峰縁起』には、藤原鎌足が「常陸国でうまれたまえり」と記していますが、この『大鏡』は信憑性を疑う記載が多く、鵜呑みにはできないといわれています。 それは、「藤原氏家伝」に「鎌足は大和国高市郡大原で生まれた」と記載されているからです。

しかし『大鏡』の中で、藤原鎌足が常陸国出身とされるにはそれなりの理由があったに違いありません。

仏教伝来の時、朝廷の祭祀を司っていた大和の中臣氏は、廃仏派の物部氏とともに行動をともにしたため、崇仏派の蘇我氏によって滅ぼされてしまいます。でも、宮廷の祭祀を司る者は欠くことができなかったので、地方の中臣氏、つまり常陸国開拓のために派遣されていた同族の多系中臣氏がこれに変わることになり、その子孫が藤原鎌足である可能性が多いに考えられます。つまり、中臣鎌足が常陸で生まれていた可能性はあるのです。
これが、中臣鎌足は父御食子が鹿島神宮の祭祀者として大和から派遣された時に大伴夫人との間にできた子とされる所以です。

『常陸風土記』では、鹿島の地は神郡と呼ばれ、中臣氏が管轄し、中臣部や卜部などが居住していたことが記されています。この書では、武甕槌という名ではなく香島(鹿島)大神とのみ呼ばれ、天地草昧以前に、八百万の神が高天の原に集まったとき、諸祖神に命じられて天降って来た神と記されています。国譲りの時出雲に降ったのではなく、この神は常陸国に単独で天降った天神なのでしょうが、出雲神話の中に、使者として割り込まされたのではないかと思われるのです。

『古語拾遺』では、経津主命を下総の香取神宮にいます神としています。
この神宮もじつは鹿島とならんで中臣氏の氏神であり、8世紀の奈良時代には春日大社に合祠されているのです。

このようにみてきますと、武甕槌命・経津主命が神代史で重んじられたのは、じつは中臣氏の氏神だったからであることがわかります。 中臣氏は6,7世紀頃から中央政界に台頭してきましたが、上田正昭氏などもいうように、その頃の政治的・社会的勢力が、神話の上に反映したのが「出雲の国譲り」ではないかと思われるのです。

『日本書紀』が書かれた時代は、藤原不比等が朝廷の中枢にいた時代なので、神話の時代から藤原氏にとって都合のいい解釈で書かれている可能性は、非常に強いと思っています。
藤原氏の思惑を考慮せずには『日本書紀』は読めないのではないでしょうか。

一旦は蘇我氏によって政界から遠ざけられてしまった中臣氏=藤原氏の権威回復及び 蘇我氏を滅ぼした藤原氏を正当化するため、そして天皇家における藤原氏の重要性藤原氏の傀儡的存在であった女帝達の正当性示すため、そして何よりも律令による中央集権化を歴史上も重要だとするために『記紀』編纂の目的があったのです。

そして、その為に歴史上利用されたのが聖徳太子でした。

蘇我氏を滅ぼした藤原氏を正当化するために聖徳太子の実績を高く評価し、聖人化し、悲劇の一族とする必要があったのです。




常陸国の話

【風土記の編纂について】

『常陸風土記』へ

常陸国【星神香々背男】

常陸の出雲神話

聖徳太子の世界