桶狭間の戦い−3−

<無策の策>

いよいよ今川義元が尾州の国境に近づいているとの情報が入り、清須城でも再三評定が行われましたが、信長はその場に着座しているのみで、意見を述べることはありませんでした。何のお触れもなく、何の策も示さないことに不安や不満を募らせていた近侍達をよそに、信長は平然といつものように寝所に向かうため、評定の場を退席してしまいます。

信長は、今川義元に正攻法を持ってしても戦にならないことを十分わかっていました
 
生駒家での踊りの夜、国境の鎌倉に一党を派遣するよう小六、前野庄右衛門らに命じていました。信長の策はこうでした。

「いかに今川義元が鉄壁の備えをしようとも、勝ちに乗ずれば必ず油断が生じるはずである。今川等の大軍勢は長途の遠征の兵であれば、必ず休憩の帯陣をする。その機会を梁田次右衛門、同鬼九郎と連絡を取り合い、遂一に報告せよ」

生駒屋敷において踊り続けて得た結論でした。踊りは義元軍勢の遠征の疲れを信長に悟らせたのでした。

そしてさらに、
「また、大軍今川の先手勢が清須に到着しても、後続の軍勢は国境の険しい道にあるはず。その機を逃さず今川の本陣を確認し報告せよ。」

この後、こう命じられた時小六は、「信長の無策の策がようやくわかった」と八右衛門に語っています。              

                                    

次へ(桶狭間の戦い−4−)

戻る(桶狭間の戦い−3−)