水タバコのすすめ 水タバコの特徴
-どうしてそんなに水タバコはうまいのか-
ホーム 特徴 ナハラ カフェで
水タバコ
自宅で
水タバコ
カフェ
情報
掲示板 リンク English
水タバコのすすめ

更新履歴



ご意見、情報を下さい。
メールはkalb「アットマーク」yahoo.co.jpまでお気軽にどうぞ。




*水タバコは「タバコ」です。皆様のご健康を考えて吸ってください。




*拙文ですが著作権は放棄していません。このページの内容・画像の全てまたは一部の無断転載はご遠慮下さい。

私もそうなのですが、水タバコを愛する人の中には普通のタバコ(紙巻タバコ)を吸わない人が結構います。これが意味するところは、普通のタバコとは違う何かがある、ということですよね。それは一体なんなのでしょう?自分なりに思いつくままに挙げてみました。


1. いい匂いがする。

なんと言っても、これが水タバコの醍醐味だと思います。水タバコにもいろんな種類があって、タバコそのもの(トンバーク、結構強い)、それにハチミツ等を混ぜたもの(モアッサル、でもハチミツ味ではありません)の2種類が私の知る限りあるのですが、このモアッサルに数々のフルーツのフレーバーがあります。フルーツの種類はリンゴ、イチゴ、メロン、レモン、チェリー、マンゴ、スイカ等なんでもありの状態。最近はコーラ味とかカプチーノとかの変り種まで出てきましたが、最も一般的なものはモアッサル(フレーバーなし)とリンゴ(トゥッファーハ)で、ちまたのカフェではこの2種類が大体置いてあります。これらのフレーバーが放つ匂いがなんとも甘くていい匂いなのです。きっとこのフルーツのフレーバーがノンスモーカー(しつこいが、紙巻タバコを吸わない人)をも虜にする理由なのではと思います。


2. ゆったりとした時間を提供してくれる。

一度水タバコを吸い始めると、結構長持ちします。ですから、水タバコはせかせかと焦って吸うものではなくて、どしっと腰を落ち着けてゆっくりタバコを吸うものです。甘い匂いを漂わせながらゆっくりとタバコを吸って、友人と水タバコの回し飲みをして談笑などする時間は、毎日忙しく動き回る現代人には何よりのリラクゼーションなのではないでしょうか?水タバコは時間の概念を変えてくれます。


3. 適度な脱力感。

これがまた不思議な特徴です。普段紙巻タバコを吸っている人でも、「水タバコを吸うとくらくらする(注:ここでいう”くらくら”はいわゆるタバコを吸うことによって起きる現象で、何か妖しい物質が入っている為に起こるものではありません)」と言います。この”くらくら”が適度な脱力感を起こし、疲れが染み出る感じがします。但し、あまり慣れてない人がたくさん吸ったりすると、気分が悪くなったりもするので注意が必要です。またタバコを肺に入れないで吸うのが適切な吸い方だと言われています。


甘〜い匂いが立ち込める中、ゆっくり水タバコを吸いながら1時間程脱力感を味わって下さい。もう気分は中東に飛んでいってしまうかも...

ホームへ戻る