第三日目
〜2003/05/05 快晴


map提供

special thanks

to NORIさん

5月5日の行程表
下田−R45→種市→普代−県道44→黒崎、北山崎−R45、県道44、R455、県道7→龍泉洞
−R455、R4→盛岡南IC(東北道)→郡山Jct(磐越道)→いわきJct(常磐道)→三郷Jct→
自宅
リアルタイム掲示板2003inみちのく 三日目  へ


「お〜い、起きてくれや、そろそろ東京に向かって帰るよ。」

店勤めをしてる友人は、どちらかというと夜行性な体質を持ってるので、
私とまるっきり違う世界に住んでいる。
それでも私のリズムに合わせてくれたのは非常にありがたかった。

「おお、もうそんな時間かぁ、わざわざ遠くまで来てくれてありがとうね、
  また機会があったらいつでも来てくださいな・・・ちと遠いけど。」

と玄関先まで、寝ぼけてフラフラした足取りで送り出してくれた。
いやいや、本当にお世話になっちゃって嬉しい限りだったんだよ、感謝してます。

黒崎展望台にて
黒崎展望台にて
だらだらと車の流れに乗ってR45を南下。
普代村にて県道44号線へとスイッチすれば、
いよいよリアス式海岸特有の、
うねうねうねうねうねうねうねうね・・・っとした
果てしなく続く、アップダウンしたカーブが続く。

そのうねうね感はどこまで行っても続いていて、
たまに車とすれ違うのすら困難を極めるくらい、
道幅が狭くなったりするので、
自分の想像以上に進むペースが落ちる。
黒崎展望台からの海 ところどころで見晴らしの良い展望台に立つと、
とてつもなく壮大な風景にでくわす。
山が一気に海に落ちてるのである。

それでいて、海はどこまでも澄み切った青。

風はどこまでも爽やかに吹いて、
森の緑は合わせるように輝いた・・・。

みちのくの遅い春の息吹だ。
北緯40度線を示すモニュメント
北緯40度線を示すモニュメント
黒崎の展望台には
「北緯40度線」が通っていて
それを標示する、この地球儀が
真ん中にポツンと置かれていた。

ソーラーパネルで電源を供給しているらしく、
半永久的にこの地球儀は
ウインウイ〜ンと機械的な音を立てて
廻っている・・・。

ただ、この時間にここを訪れているのは
私以外に誰もいないので、
やたらとその音だけが空しく
辺りに響いていた(笑)


「うははははははは!
 地球は私の手のひらの上で廻っているのだよ!
 諸君!」

と、叫んだかどうかは定かではない。


北山崎の断崖絶壁
断崖絶壁が連なる北山崎

ぜぇぜぇ・・・・。
北山崎に着いたのだが、実はこの写真を撮った場所は、15分程
かなりの急勾配の山の斜面を下った場所にある。

最高180mもの断崖が連なって重なる北山崎。

リアス式海岸は険しい山脈が海に向かって落ち込む場所だ。
と小学校の社会科で学んだ事だが、こうして実際に目の当たりにする景色は想像を絶するものがある。

・・・さて、降りてきたまではいいのだが・・・これをまた登るのかぁ〜〜〜・・・・(滝汗)


龍泉洞入り口にて
龍泉洞前にて 実は六年前にもまったく同じ場所、位置で撮った写真がある。
当時とほとんど何も変わっていない事にまず大感激の瞬間。

龍泉洞

入場料 ¥1000
時間 8:30〜17:30

日本三大鍾乳洞(山口 秋芳洞 高知 龍河洞)に数えられ、
洞内から湧き出る清水は数箇所に渡って地底湖を形成、その水の透明度なんと41.5m!
日本が世界に誇れる水の一大スペクタクルショーなのだ♪

龍泉洞内の鍾乳洞 ・・・ひんやり。。。
洞内は気温、通年10℃に自然の力で保たれているので、
この中に入った人達は全て、身を強ばらせる。
今までバイクに乗って、寒い風に晒され続けてきた
私だけが、何食わぬ顔して中を突き進んでいった。
・・・ちょっと嬉しい瞬間だったりして^^

1cm伸びるのに50年もかかると言われる
石筍や鍾乳石があちこちから連なる姿は圧巻。

第一地底湖にて
「うわぁ〜深い!」
ここを訪れた人は、その水の透明度を目の当たりにして
感嘆の声を上げる。

実際に深い地底湖なのだが、それを上回る水の
透明度が、距離感覚を狂わす。
相当深いはずなのに、手を伸ばせば底に
届きそうに錯覚してしまう。

あくまでも澄み切った清水は、
どこまでも深く、蒼く、その輝きを放ち続けていた。



いんや〜、あちこち寄り道が楽しくって、昼過ぎには帰路につく予定が大幅に遅れて
17時にようやく東北道 盛岡南ICに到着。
あいかわらずドタバタしてしまった旅だったけれども、思い出いっぱい胸いっぱい。
あとはひたすらに東京までの道のりを走るのみ!
ええっと、東京までおよそ・・・・500km!
とほほ、今更ながらえらい遠くに来ちゃったもんなんだなぁ、と実感しちゃったよぉ。。。
さぁ!飛ばすでぇ〜〜〜〜!!!!!!
みなさん、また旅の空の下で会いましょうね〜〜〜〜♪


尻屋崎で寒立馬と千尋と・・・。

桜前線を追いかけて〜みちのくひとり旅  03/05/03〜 03/05/05
総走行距離 2105km
使用バイク HONDA CB1000 Super Four(千尋ちゃん)

取材協力
家主様 潟Cオン下田店 婦人雑貨主任 Eさん
Map作成 NORIさん(植物物語)
ネタ提供 いわやんさん (DJEBELのめんたま)

-完-