雁ヶ原の花崗岩 岩は厳しい気候に晒されているため、
触ってみると↓写真のように、
脆く崩れさってしまう。
こんな土壌を通った水が
まずいはずがない!
おもむろに納得した瞬間だ。(笑)
雁ヶ原のがけっぷち。

白く見えるもの・・・。
雪ではなくって、
実は「花崗岩」なのだ。
この山に降り注いだ雨水は
この花崗岩層に磨かれて、
「南アルプスの天然水」として、
山下の白州にこんこんと湧き出る
花崗岩アップ
実はこの写真の場所。
かなりの崖っぷちです。
白と木の紅葉と光と影が美しくて、
カメラを構えながらにじり寄った。

ちょっとバランス崩せば、
奈落の底へまっさかさま・・・。
ううう、考えたくもない・・・(汗
雁ヶ原の奇岩郡 雁ヶ原では、奇岩郡も目玉なのだ。
風化して天に向けて伸びるかのように見える
花崗岩、いろいろな形が点在する。


雁ヶ原に横たわる倒木
↑横たわる倒木にも自然の歴史を感じる。

山の上から広々とした景色を望むと、
疲れが一気に飛んでいくような気がした。

見事なまでの快晴は自然の持つ色を
充分引き出して、私の前に突きつけた。

なんて自然の前では自分は小さな者なのだろう?
そして当たり前の事だが、自然は大きい。
計り知れない大きなチカラを潜み持ってる。
そんなごく当たり前の事を改めて私に教えてくれた気がした。

こんな新しい発見があるからこそ、
私はあちこち旅する気持ちを失わずに、
今を生きてるのかもしれない・・・。

-今回のグルメ
「鴨肉ほうとう」 ¥1500


詳しくは写真をクリック


道の駅 白州 -information-

「道の駅 はくしゅう」
R20号線にある道の駅。
真ん中には水のみ場があり、
ここから湧き水がこんこんと湧き出るのです。
取材当日もポリタンクを抱えて、
ここの水を汲みに来る人が後を絶たなかったほど。


ちなみに今回の取材地でもある「日向山ハイキングルート」へは、
この道の手前にある信号(T字路)を左折。
そしてその道を6kmほど道なりに進んで行くと、
ハイキングルート入り口の看板が立っている為、
迷う事はないと思います。