↑www.thaitrain.info↑

タイ国鉄列車編成表
2015-2016


バンコク・ファランポーン発 全列車 現地調査
(&トンブリ発+バンスー発)
このサイトは、ガイドブックや他のサイトでは分からないタイ国鉄列車の編成を、2015年9月中旬に現地、ファランポーン(クルンテープ)駅で実際に調査したものです。

駅のインフォメーションで配布されている時刻表をもとに、発車案内の電光掲示板に表示される全列車を調査しました。
土日休日に運休の列車もありますので、ご利用の際は運転日にご注意ください。

なお、タイ国鉄に公式の取材はしていませんので、記述には推測も含まれています。

編成を調べる

列車の編成はバンコク・ファランポーン(クルンテープ)駅停車中に、駅本屋側から順に(トンブリ発は起点側から)記載しています。従って、いちばん下が先頭です。
掲載の写真も全て駅本屋側(起点側)からの撮影です。
タイ国鉄の列車は日本の列車と異なり、常に先頭が1号車です。荷物車や業務用の客車は、原則として機関車の次位に連結されます。
普通列車の2等座席は、3等の切符で乗車できます。
また、普通列車の最後尾車両の後ろ寄りは「僧侶・老人・障害者」または乗務員専用区画となっている場合があります。
頭上に何らかの表示(タイ語のみ、または英語併記)がある場合には、ご注意ください。

★折り返し運用に際し、このような入換えもしています★

〈DF〉[業務用3等座席][荷物車]+

+[荷物車][業務用3等座席]〈DF〉

編成を調べる

●記号説明●

わかりやすくするために、日本と同様に列車番号の後ろに客車列車は「レ」、気動車(DRC=ディーゼル・レイル・カー)には「D」を加えてあります。
「AC」は冷房車、 「×号車」はサボに号車番号のない車両(自由席)を表します。
「ORD」は【普通】、「RAP」は【快速】、「EXP」は【急行】、「SP EXP」は【特急】、
一般的に【近郊】と訳される「C(=Commuter)」については、その分類を省略しています(【普通】で表示)。

右下の(2015.09.X)は、調査年月日です。
形式番号の前にタイ文字表記がありますが、タイ文字を理解しないので省略しています。
車内の仕切板の上方に「BTC1234」などとアルファベット化されたプレートがありますので、必要な方は乗車時に確認してください。

編成を調べる

ここは「編成」に特化したサイトです。時刻表・運賃は「タイ国鉄ホームページ」を、
切符の買い方・乗り方などについては市販のガイドブック等を、
車両の形式・性能・設備等、また画像は他サイトをそれぞれ参照してください。


調査・編集・発行・管理・著作権 ZINH(じん)






ご不明の点があればメールにてお知らせください。経験の範囲内でお答えします。メールアドレスは「編集後記」のページにあります。

----------------------------------------------------------------

更新中です。編成の調査年月日にご注意ください

2014.01.11 トンブリ発列車の編成表を公開しました

2013.09.01 「タイ国鉄列車編成表2013-2014」本日オープン