つん太のダラス通信
       更新終了のごあいさつ (2014.06.27/日刊つん太)

ぼくの町ダラスは今です。



登山靴買った。リュック新調した。
方位磁針と、緊急用の呼子も準備した。
あと必要なのはやっぱり提灯(東)????

アメリカで山を歩く人の憧れ、アパラチアン・トレイル。
東部の14州にまたがる総延長3500kmの自然道です。
とにかく距離が長いから、全行程を踏破するのは物凄ぉく大変。
でも、あちらこちらで人の住む町に接近し、車の走る道と交差しているので
駐車場から往復1時間だけとかの気軽なハイキングも楽しめます。
私たちも、今までに2箇所、合計200mくらい^^歩きました。
次はきちんと、小さな山でいいから山頂を目指したいねと

行ってきました。
アトランタの北100km、スプリンガー・マウンテン。
駐車場から山頂まで道のり1.5km、標高差は130mくらい。
難しい斜面も危ない崖もない、初心者でもらくらくのコースですが
ここ、3500kmの長い長いトレイルの「始点」の山なのです。
たくさんの人が終点メーン州カタディン山を目指してここから歩き始め、
或いはカタディン山から歩いて歩いて歩いて歩いてここに辿り着く、
ここはアパラチアン・トレイルを歩く人にとって非常に特別な場所です。
なので私みたいな軽装ハイカーにはちょいと居心地悪かったです^^
写真は自称お山担当、コロラド生まれのコロちゃん。
山頂の、トレイル始点の記念碑の上で。






表紙写真集