C11 留萌本線

現役の姿に強くこだわる、私の求めてやまない。「非電化、旧客、無装飾」 それも真冬の北海道での運転。C62ニセコですら実現できなかった事が、NHKドラマ「すずらん」のロケで現実のものとなった。

17,801 bytes

69,626 bytes

27,858 bytes

15,308 bytes

31,186 bytes

39,197 bytes

7,042 bytes 10,341 bytes

44,221 bytes

47,634 bytes

11,581 bytes

26,004 bytes

6,670 bytes 5,235 bytes

19,104 bytes

1998年の12月。留萌本線、恵比島駅にDCから降り立った私は、その現役さながらの空気感に驚嘆した。踏みしめるパウダースノー。降りしきる雪。こんな中を蒸機が旧客でやってくるなんて、夢を見ているようだった。待つ事しばし、やがて山影から姿をあらわしたC12はスノープローに、黒色に塗装された煙室扉ハンドル。真岡の写真で見る姿とは全くの別物だった。C62ニセコ以来の興奮と感動...。 久し振りに単独、しかもレンタカーも借りず、完全な歩き鉄であっただけに、更に現役蒸機とオーバーラップしたのかもしれない。 翌年5月、更に2000年の2月にもロケは行なわれ、全運転日参加することが出来、至福の日々をすごした。願わくば、来年も「すずらん」の映画が作られ、ロケ列車が走る事を願ってやまない。

留萌本線 ロケ列車 春へ


トップページ 現役北海道75冬 現役山陰九州74春 C62ニセコ C62ニセコII C11留萌本線
北海道のC11 梅小路 NORTH DRAFT別館 光の中で 山陰本線 北びわこの四季
稲穂茶屋掲示板 壁紙写真館 過去ログ倉庫 プロフィール リンク
Last Updated  2004-09-19