ドウダンツツジ(灯台躑躅)
Since 2001/04/19


 相生市の岩屋谷公園から天下台山に登る道沿いに、ドウダンツツジの白い花が咲いています。行政が登山道を整備したときに植えたものです(自生はしていません)。植えっぱなしで、手入れはほとんどされていないようですが、今年は、たくさん花を付けています(昨年は殆ど咲きませんでした)。

 この季節、天下台山では本家(自生)のピンク色のツツジの方が目立ちます。しかしドウダンにも、捨てがたい清涼感があります。秋の紅葉が美しいことでも知られています。近隣では、龍野の菖蒲谷にも植えられています。

(写真はクリックすると大きくなります。)

 写真は2001年4月17日に、登山道中程の四阿(あずまや)休憩所で撮ったものです。1枚目の写真は同休憩所から岩屋谷池方向を見たもので、目の前にドウダンツツジがあり、右側中程に岩屋谷池が写っています。

 ドウダンツツジの名前は、灯台ツツジから転じたものといわれています。この植物の枝分かれの様子が、昔、宮中で夜間行事のときなどに使われた「結び灯台」の脚に似ているところから「灯台ツツジ」の名が付いたと説明されています(朝日新聞社「世界の植物」より)。
 


「花便り」に戻る

メールはこちらへ
tonbiiwa@gmail.com