樽井戸川 たるいどがわ
Taruido-gawa River
最終更新 07.7.15

狭山丘陵北側から始まる不老川の支流・林川の支流である。大半が排水路として使われている。
取扱区間:全区間 掲載順:上流 → 下流
※写真はクリックすれば拡大。


地点、狭山丘陵の麓。県営さいたま緑の森博物館の一角にある糀谷八幡湿地と呼ばれる辺りに樽井戸川の源流がある。(右) 水源らしき部分の拡大。(06.5.3)

地点から上流側と下流側。(06.5.3)

地点から上流側。この辺りは既にコンクリート水路に改修されている。右手の牛舎からの臭いが物凄い。退散、退散。(06.5.3)

地点、県道青梅所沢線の糀谷橋から下流側。この川が入間市と所沢市の境界になっている。(06.5.3)

地点、中根橋から上流側。小さな川でありながらこの辺りはしっかりとした橋名板が付いている。(06.5.3)

地点、突抜橋から上流側と下流側。調整池あり。雨天時は増水が激しいようだ。(06.5.3)

地点、願誓寺付近から下流側。(06.5.3)

地点、県立所沢商業高校付近から上流側と下流側。(06.5.3)

地点、ここにも調整池あり。(06.5.3)

地点、国道436号バイパスから下流側。(06.5.3)

地点、上記バイパスを越えると蓋付きになる。(06.5.3)

地点、狭山ヶ丘駅近く。この付近は緑道として整備されている。(06.5.3)

地点、駅前の自転車置き場として利用されている部分もある。(06.5.3)

地点、商店街沿いに出る。歩道が急に広がっており、ここが川であることが分かる。(06.5.3)

地点、林川との合流。右斜め前の緑道の下を流れているのが林川。樽井戸川の方が本流のように見えるが、本流は林川である。(07.6.23)

※林川はこちら
以上。

1/1 戻る