2009.-8.23 美祢線 厚保−湯ノ峠



時々目にするこの撮影地はどこなのだろうか、右端に写る第4種踏切をヒントに
列車から確認すると、この場所が浮かび上がった。地図を頼りに歩いていくと
予想通り、同じ構図で撮れる場所に辿り着いた。足回りを隠し、我々を悩ませる
存在である夏場の草木は今回プラスに働き、黄色く目立つ踏切を覆い隠していた。
原則毎日運転の石灰石貨物であるが、運悪くこの前日は運休日。さらに土曜日で
あったために朝のフライアッシュも運休で全く収穫のない1日であった。
しかし、そんなことも忘れてしまいそうな空模様で早くも勝利を確信していた。
接近を予告するものが周囲になく、耳を澄ませて通過を待つ・・・。
10:24、厚狭のDDの中では最も塗装状態のよい853が唸りを上げながら、
ゆっくりと目前を通過していった。

e

戻る

="#ffffffケ>"phT