2009.-8.26 山陰本線 岡見−鎌手



地元の紀勢貨物が重連から単機牽引となり、愛知機関区からは原色DDが数を減らし
続ける中、厚狭派出所のDDはいまだに原色率100%である。それゆえに岡見貨物は
確実に原色重連で運転される。初の岡見貨物撮影は撮影初日の24日から4日間連続
快晴という最高の条件に恵まれた。迷いながらもようやく辿り着くことのできた青浦鉄橋
南側で列車の通過を待つ。波の音だけが聞こえる中で甲高い警笛の音がした次の瞬間、
赤い車体が姿を現し、轟音を立てながら鉄橋を通過していった。

e

戻る

v