8月26日 最終日

朝目を覚ますと、昨夜から降り始めた雨がまだ降っている。朝御飯を済ませると、次々と返却するためのボートが到着する。9時になるとボートセンターの人々も出社して来て、私達も荷物のパッキングに追われる。受け付けでボートの鍵を返却し、これでイギリス運河の旅も本当に終わりとなってしまった。

受け付けの女性に聞いたところ、私達が航海した1週間ほとんど雨が降らなかったのは大変珍しいことなのだそうだ。事故やけがもなく、天気に恵まれ、本当に楽しいイギリス運河の旅であった。ボートセンターのショップで記念の土産物を買い、ロンドンに帰るためアルベチャーチの駅に向かった。

ラップワースのカナルショップで買った土産物のひとつ。真鍮で出来たミニチュア(それぞれの高さは3〜4センチ)。個人所有の船の多くは、ボートの屋根にこのミニチュアのように彩色された本物のバケツやジョウロを載せている。ジョウロは鉢植えの水やり用。個人所有のボートの屋根に、鉢植えの花が置いてあったりするのはいかにもイギリスらしい。これらはラップワースのカナルショップのお姉さんが実際にペインティングしていたもの。


前日へ
トップページへ
感想や質問はこちら