8月22日 豪華な夕食

出航して対岸にある British Waterways の水補給場所で水を補給する.ここからの運河はリフトブリッジが多くなる.丘陵地帯は昨日までで,ここからの運河は平野の中を進む.

途中,運河沿いのショップに立ち寄る.ここでスレートでできたコースターを皆が買う.Llangollen はスレートの産地だそうだ.ボートで昼食をとっていた時,ふと気がつくと隣のボートの舫綱がはずれて,船尾が運河中央に漂っているではないか.ショップにいってボートのオーナーを捜し,舫綱が外れていることを教える.

運河沿いのショップ "The Barn"

ボートを停泊させる場合,舫綱に一番気を遣う.夜中に運河に流れ出てしまっては困るし,なんといっても格好が悪い.いままでの運河旅行では舫が切れたり外れたりしたこともないし,そのようなボートを見たこともなかった.けれども,こうして実際に起きるのを目の当たりにすると,やはり気を付けなければいけないのだ,というようなことを考えていたが,実はこれが明日の予兆であった.

船首でくつろぐ家内と娘を撮影する.今回こういう撮影ができるのもYukiさんのお陰.

Whitchurch へは Ellesmere と同様町まで運河の支線がある.ボートを支線への分岐の手前で停泊させる.時間もあったので皆で町まで散歩する.この町の中心には教会がある.Whitchurch は昨日訪れた Ellesmere よりも活気があるようだ.例によって観光案内所を探し,そこで明日の朝市のことを尋ねると,確かに明朝開催されるとのこと.場所はと聞くと,まさに観光案内所の隣だとのこと.よく見ると既に明日の朝市の準備を行っているのに気づく.

 
Whitchurch 支線への運河案合表示   Whitchurch の中心にある教会.町の名前はこの教会からか?

今夜の夕食は Chirk で買った鳥のもも肉をボートのオーブンで焼いて食べようということになっていた.それにシーザーサラダ,スープ,ワインとパブよりも豪華な船上の夕食となった.

豪華な夕食の写真を撮ることをすっかり忘れていた.その代わりにと朝食の写真.

明日は8時に朝市へ皆で行き,10時までにボートに戻り,ボートセンターまでの最後の航程となる予定だ.


前日へ 翌日へ
トップページへ
感想や質問はこちら