毎日の点検事項

初日、ボートを受け取る際、ボートセンターのエンジニアから「毎日点検すること」といって説明を受けます。ここでは私の経験を交えて説明をしようと思います。

エンジンルームの点検

船尾にあるエンジンルーム点検ハッチを開けたところ。 写真の上が後ろで、下側にディーゼルエンジン本体がある。

エンジンルームは基本的に朝出航する前と夕方停泊した時に、必ず点検するようにしましょう。エンジンルームを開ける時には、タバコなど裸火は厳禁です。
 

正直言って、私はビルジの点検とスターンチューブのグリースの補充しかしませんでした。その代わり、操縦している間、常にエンジンの水温計に注意してました。冷却水が足りなくなると温度が上昇しますし、プロペラに何かが絡まるとエンジンの負担が増え、水温が上がるからです。

燃料は2週間持つので心配する必要がないという説明でしたし、具体的にどうやって燃料を補給するかという説明はありませんでした。
 

エンジン以外の点検項目

トップページへ
感想や質問はこちら