(C)Ishizu Yasushi/Shangri-La/1999 ASCII Corp.

\6,800で好評発売中!

 

Counter

 

2009.07.27 臨時更新

 

さて、戦闘録修復に寄せての巻

(指BGMCRASS / Do They Owe Us A Living

 

 

さて、弊戦闘録凍結からほぼ五年が経ちました。お久し振りでございます。ほらふき男爵めにございます。

 

まこと時の流れは早いものでございますが、その間にWebアカウントの喪失やジオシティ側によりますアドレスの再編などでリンク切れが起きましたり、HTMLのタグに不具合も生じ画面構成がガッタガタに崩れましたり、非道いことにいくつかのキャプチャ画像などが破損し、『こりゃあキチンと直さなば、お客様がたにご覧いただくには堪えませぬワイ』 とは思いつつも、日々の忙しさにかまけまして申し訳なくもなおざりにして参りましたことを、こちらに謹んでお詫びいたします次第にございます。

 

そちらがこの七月末にまとまった時間が取れましたので、HTMLの書き換えをチョチョイのチョイとおよそ半日をかけまして、どうにか “文字の大きさ指定” など無しにスムーズにご覧いただけますよう手直しを加えました次第。

 

ただ残念でございますのは、Webに障害が発生いたしました少し前に弊戦闘録のデータを保存しておりましたHDDがクラッシュし てしまい、元データそのものが消滅してしまいましたのでございます。そこで吾が輩は泣く泣くWeb上に散在しておりますデータをダウンロードし直しまし て、なんとか見苦しさを感じさせませぬレヴェルまで修正いたしました次第。ですので破損いたしました画像には代替画像を掲載しておりますので、その点はな にとぞご容赦賜りますよう宜しくお願いいたしますワイ。

 

こちらにて、当座はいかなメーカーのブラウザにても問題なく過去の戦闘録を、ほぼ当時のままご覧いただけますものと思われます。

 

 
さ れど弊戦闘録はこのように修復が叶いましたものの、サテ本邦の治世はいかがなものでございましょう。あまりの国政担当能力の無さに加減に業を煮やしました 世間では、自民党を見限りまして民主党への期待が高まり、次なる衆議院選挙では与党に躍進できるような空気まで漂っておりますが、さて民主党が提示してお りますマニュフェストを拝見いたしますと、まるで 『パンとサーカス』 を地で行きますようなローマ帝国末期の “愚民政策” のオン・パレードにしか吾が輩には見えないのでございますが ……。

 

 
なにより連中は “外国人参政権” なる不法移民に純国民なみの権利を与えようなどと吉害じみた綱領を結党時から掲げておりますので、ゆめゆめ安易に政権を担当させるのは非常に危険であると、中華系ドイツ人の吾が輩も危惧を抱かずにはおられませぬワイ。

 

またお国の中のお話ばかりではございませず、隣国中華人民共和国におけます聞きますだに耳を塞ぎたくなります凶悪な他民族への弾圧政策に は、まさしく戦慄を禁じ得ませぬ。インドに亡命を余儀なくされておりますダライ・ラマ14世の存在により、お客様がたもまた国際的にもチベットにおけます 中共政府の圧政はご存じのことと思われますが、そちらに輪をかけて残酷を極めますのが先に暴動でニュースにもなりました新彊ウイグル自治区や、そのさらに酸鼻と陰惨と、人間の尊厳そのものに蹂躙のかぎりを尽くしております東トルキスタンの現状を知りますだに、吾が輩は“中華思想” の本質とその傲慢さ、非人道性に吾が拳を怒りのままに固めずにはおられるのでございますワイ。

 
 

とくに東トルキスタンで行われました中共政府の残虐行為の数々は、もはや弾圧と申しますレヴェルではなしに一民族に対します絶滅政策以外の何物でもございませぬ。世に “義を見てせざるは勇無きなり” と聞きます。また吾が輩の性分としましては、ひとたび知り得ましたからには見て見ぬフリはできませぬ次第。こちらで看過してしまいますれば、吾が輩の漢がすたると申しますものでございます。

 

ゆえに今後吾が輩はWeb製作に際しまして微力ながらも彼ら被抑圧民族の現状の伝達と改善に寄与できますような仕様を心掛けてゆきます所存にございますワイ。
 

ちなみに現在もほそぼそと更新を続けております新サイトはこちら。もし以後当サイトや関連Webの更新が無くなったり、あるいは簡漢字のよく判らない文章に書き換えられておりましたら、いずこかからの外圧によって吾が輩ともども “抹消された” ものと思ってくださいマセ(笑)。

 

 

We must to protest every huge tyrant.

We must to protect every Human Right!





  





こちらのHPで使用しているゲーム画像の著作権は石津泰志監督、シャングリラさん、株式会社アスキーさんに帰属するものでありまする。
もちろん転載も厳禁でございますゾ!!(しないでネ)

 

お国言葉自慢でもOK!当然マジメな戦場の投稿もお待ちしておりますゾ!!
コンストラクションデータ展示場

 

この部屋のメイン、戦闘録を見るならこちらへ!攻略の参考になるカモ!?
戦闘録上映室

 

勿体ないのでリサイクル!?吾が輩がトップにて書き殴りました金言(??)の数々
きけ、わがはいのこえ

 

吾が輩の個人的な思惑、ないしはPAL版PANZER FRONTについて。
PANZER FRONT 予備資料室

 

みんなで広げよう、友達の(以下略)。どちらもお尋ねいただいて損はございませんゾ!!
戦闘録的通信室

 

長らくのご愛顧有り難うございました。“2ちゃん”の軍事板のほうがずっと有益かと(笑)
ミュンヒハウゼン家よろず掲示板

 

 

 

愉快な吾らがカメラーデンたちと交わしたオモシロ話を再録。そして為になる情報 も!
“PANZER FRONT” 的掲示板・過去ログ@
“PANZER FRONT” 的掲示板・過去ログA
“PANZER FRONT” 的掲示板・過去ログB
“PANZER FRONT” 的掲示板・過去ログC
“PANZER FRONT” 的掲示板・過去ログD
“PANZER FRONT” 的掲示板・過去ログE
“PANZER FRONT” 的掲示板・過去ログF
“PANZER FRONT” 的掲示板・過去ログG
“PANZER FRONT” 的掲示板・過去ログH
“PANZER FRONT” 的掲示板・過去ログ10

“PANZER FRONT” 的掲示板・過去ログ11

“PANZER FRONT” 的掲示板・過去ログ12

“PANZER FRONT” 的掲示板・過去ログ13

“PANZER FRONT” 的掲示板・過去ログ14

“PANZER FRONT” 的掲示板・過去ログ15

“PANZER FRONT” 的掲示板・過去ログ16
“PANZER FRONT” 的掲示板・過去ログ17

 

 

 

本館へのお戻りはこちらでございますワイ!

 

 

(C) Ishizu Yasushi/Shangri-La/1999 ASCII Corp.
2000.12.15 Mephistopheles von Muenchhausen

GeoCities Japan