< 海外旅行のページに戻る

中国古代史紀行

[中国地図]
クリックすると、その場所の説明が出ます。 [Click the town on the map!]

写真の羅列 (フレームあり<English> /なし<English>)

おすすめ有名ポイント
蘇州,泰山, 北京(長城, 故宮), 秦兵馬俑, 三峡下り, 張家界(武陵源)
おすすめマイナー(?)ポイント
沛県,梁山泊, 張良廟
注意
基礎知識
[歴史] [宿] [荷物] [バス] [鉄道] [食事] [中国語] [中国人]

日付インデックス
2/ 19, 20, 21, 22, 23, 24, 25, 26, 27, 28
3/ 01, 02, 03, 04, 05, 06, 07, 08, 09, 10, 11, 12, 13, 14, 15, 16, 17, 18, 19, 20, 21, 22, 23, 24, 25, 26, 27

都市インデックス

蘇州(そしゅう:2/19-21)
上海の空港から直接入り、蘇州城壁や呉越関係のところを見た。
南京(ナンキン:2/21-22)
南京大屠殺紀念館のためだけに訪れた。
徐州(じょしゅう:2/22-24)
沛県に行きたいが、「県」にビビってここで泊まった。
沛県(はいけん:2/23)
漢の高祖劉邦にちなむところを見てきた。
袞*州(えんしゅう:2/24,25-26)
曲阜、梁山への拠点として。
曲阜(きょくふ:2/24)
孔子の教えが、全然民衆に浸透していないことを確認してきた。
梁山(りょうざん:2/24-25)
水滸伝で有名な梁山泊を見てきた。
泰山(たいざん:2/26-27)
朝早くからまる1日登山して疲れたぞ。夜くらい寝させろ。
臨輜*(りんし:2/27-28)
春秋戦国のの古城を見に来たが、満足には見れず。 人はおもろかった。
北京(ペキン:2/28-3/3)
万里の長城故宮(紫禁城)、頤和園(いわえん)などを見た。 バックパッカーの集うまち。
邯鄲(かんたん:3/4-5)
イバラ野原の中に、ついに紀元前の趙の城壁を見た! 袁紹、曹操らの根拠地業*城も訪れた。
安陽(あんよう:3/5-6)
殷墟に行き、博物館で甲骨文字を見た。
鄭州(ていしゅう:3/6-9)
ここを拠点に開封、新鄭、黄河遊覧区へ。
開封(かいほう:3/7)
昔、北宋の宮殿があった龍亭公園、相国寺に行った。
新鄭(しんてい:3/9)
ひでー雪の中、ムリやり鄭韓古城を見に行った。
洛陽(らくよう:3/9-11)
龍門石窟、関羽の首塚、白馬寺に行った。
三門峡(さんもんきょう:3/11-12)
函谷関を見るために訪れた。
西安(せいあん:3/12-14)
うろうろして靴を買い、兵馬俑と前漢の長安城壁を見た。
漢中(かんちゅう:3/15-16)
桟道跡だけでなく、予定を伸ばして張良廟も行ってよかった。
成都(せいと:3/17-18)
武侯祠に行き、本場の麻婆豆腐を食い、ビザの延長などをした。 思ったよりいい印象はなかった。
重慶(じゅうけい:3/18)
重慶火鍋を食って、三峡下りの船に乗った。
三峡(さんきょう:3/18-20)
ボケーとするしかない船の1日目にちょうど風邪で寝こんだ。 2日目に小三峡と巫峡が見れたが、 白帝城も瞿塘峡(くとうきょう)も西陵峡も飛ばしよったぞ!
宜昌(ぎしょう:3/20-21)
なんもない。ここで船を降りて南下。
慈利(じり:3/21-22)
ほんまになんもない。だまされてるで。
張家界(ちょうかかい:3/22-24)
雪と霧の中に天子山の信じ難い景色を見た。 ほか、宝峰湖と黄龍洞に行った。
長沙(ちょうさ:3/24)
朝着いて、2000年前のミイラ見て、昼にすぐ列車に乗った。
上海(シャンハイ:3/25-27)
行きしは飛ばした上海の街に入り、 とりあえず土産物を買った。 ここの火鍋もうまかった。